0

野鳥の鳴き声で難聴を早期発見! ウェブサービス『聴き鳥テスト』が楽しくて良い感じ

2018年6月12日 12時00分

「難聴」と聞くとあまり自分に関係のない話のように思えるかもしれませんが、実は聴力は40歳前後から低下し始めると言われていて、65歳以上の日本人の約半数は言葉の聞き取りが困難になっているそうです。

自分は大丈夫だろうと思っていても、耳が遠くなるのは自覚症状が出にくいといいますし、自身の聴力を調べる機会もなかなかありませんよね。

聴き取る力の低下は認知症の発症率を高めるという調査結果もあるそうですし、長く健康に過ごすためにも聴力の低下にはなるべく早く気づきたいものです。

■鳥の鳴き声を聞いて聴力テストができるウェブサービス

そこで、パナソニックが6月6日の“補聴器の日”に合わせて、気軽に聴きとる能力を確認できるようにと立ち上げたのが『聴き鳥テスト』というウェブサービス。

一般的に人間の耳は周波数の高い音から聞こえなくなっていくそうで、鳥の鳴き声はそれぞれ周波数が異なるため、加齢とともに鳴き声を聴きとれなくなる鳥が出てくるのだとか。

『聴き鳥テスト』では60種類の鳥の鳴き声を確認できるのですが、それぞれの鳴き声に難易度がつけられていて、鳴き声を聴きとれるかどうかを楽しみながら聴きとる力のテストができるのです。

例えば、もし自分の両親に難聴の兆候が出てきたとしても、なかなかストレートに「聴力テストを受けてきて」とは言いにくいものですよね。でもこの『聴き鳥テスト』なら嫌な印象を与えずに試してもらえそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「野鳥の鳴き声で難聴を早期発見! ウェブサービス『聴き鳥テスト』が楽しくて良い感じ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!