0

今、ジョシュ・ブローリンがアツい! アベンジャーズの宿敵「サノス」・デッドプールの新キャラ「ケーブル」・実話を基にした漢らしすぎる「消防士」

2018年6月12日 20時30分

皆さんは俳優ジョシュ・ブローリンをご存知でしょうか? 映画ファンならば「もちろん!」と即答する人もいるでしょうが、出演作一覧を観て「あの俳優さんか!すごいよね」と納得する人も少なくないでしょう。映画『ノーカントリー』『アメリカン・ギャングスター』で注目され、『ミルク』『トゥルー・グリット』『ボーダーライン』『ヘイル、シーザー!』と次々と個性派作品に出演を続けているいぶし銀の俳優さんです。

そんな、ジョシュ・ブローリンの出演作が次々と公開中! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『デッドプール2』、『オンリー・ザ・ブレイブ』と、この初夏のシーズン、映画館ではジョシュ・ブローリン祭が開催されていると言っても過言では無いのです!

かつて誰も観たことがない無限大のアクション・エンターテイメント、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。ついにあの『ジュラシック・ワールド』(2015)を抜き全世界興収歴代第4位を記録するなど、全世界で大ヒットを記録している本作。ジョシュ・ブローリンは本作で、ヒーロー達の宿敵“サノス”を演じています。

もう映画をご覧になった方は分かるかと思いますが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』というタイトルを『サノス』に変えても大丈夫なほど、サノスが大活躍。あまり大活躍されると地球人的にはとても困るのですが……。終始、紫色フェイスの特殊メイクをしている為、ジョシュ・ブローリンだと気付かなかった方も多いかと思いますが、ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン)やベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)を圧倒する凄みは名優ジョシュだからこそ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「今、ジョシュ・ブローリンがアツい! アベンジャーズの宿敵「サノス」・デッドプールの新キャラ「ケーブル」・実話を基にした漢らしすぎる「消防士」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!