1

アニメに声優じゃなくて俳優を起用する理由は? 松岡茉優の疑問に湯浅政明監督が回答

2018年9月25日 18時45分

10月25日(木)~11月3日(土・祝)にかけて開催される第31回東京国際映画祭に先駆け、9月25日(火)に都内の会場にてラインアップ発表会が行われた。

本年度の東京国際映画祭アンバサダーに就任した松岡茉優さん、コンペティション部門『半世界』より阪本順治監督、同部門『愛がなんだ』より今泉力哉監督と岸井ゆきのさん、さらにアニメーション特集『アニメーション監督 湯浅政明の世界』より湯浅政明監督が登壇し、映画祭にかける思いを語った。

昨年は主演映画『勝手にふるえてろ』が同映画祭コンペティション部門の観客賞を受賞し、個人としては“宝石のような輝きを放った若手キャスト”を選出する東京ジェムストーン賞を獲得した松岡さん。アンバサダーの任命については、「昨年新設された東京ジェムストーン賞をいただき、せっかく選んでいただいたからには、その賞がもっと華やいだものになるようにとこの1年は邁進してきました。このタイミングでアンバサダー就任はなかなか良い感じで進んでいるんじゃないかと自信がもてました」とコメント。

出演作『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門の最高賞パルムドールを受賞したことを踏まえ、「(東京国際映画祭の)アットホームな雰囲気や、映画が大好きだぞという人たちが肩を組んでいるような熱量はカンヌにも負けてないと思います」と述べ、アンバサダーとしての初仕事をこなした。

109の国と地域から1829本もの応募があった今年のコンペティション部門。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「アニメに声優じゃなくて俳優を起用する理由は? 松岡茉優の疑問に湯浅政明監督が回答」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    「たぶんネームバリューとかもあると思いますけど」たぶんじゃなくて全部だろ。後につけてる理由は全部最初から声優決めてれば出来ること。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!