0

Apple、他社製部品で修理したiPhoneなども有償修理の対象に含める方針に変更

2017年3月19日 01時43分

Appleは、同社の「Apple 製品 1 年限定保証」に関して、これまでiPhoneなどの修理を、Genius Barや、Apple正規プロバイダーなどで行わず、非正規修理業者で修理した端末や、純正部品で修理が行われていない端末などは、無償修理期間、有償修理に関わらず修理不可としてきた方針を変え、他社製メモリやHDなどでアップグレードしたMacなどと同様に、他社製コンポーネントの有無に関わらず保証範囲と修理サービスに関する限定保証を確約し、有償修理を可能とする変更を行っています。

この方針変更により、iPhoneの液晶ディスプレイが他社製部品(TPP)であったとしても、その部品による影響でない修理の場合は、保証対象の修理サービスが受けられるようになりました。

また、機能上の問題が他社製部品であった場合、保証対象外修理サービス料金で修理が可能になりました。

ただ、他社製のメインロジックボード、Lightningコネクタなどの他社製部品、機能上に問題のある他社製バッテリーなどの修理は断られる場合があります。

アメリカの場合と異なり、日本では、他社製の液晶ディスプレイに問題がある場合でも、保証対象外修理サービス料金で修理が可能となる場合があります。

ただ、日本の場合は、他社製の液晶ディスプレイが使用されていることが分かった段階で、その液晶ディスプレイの問題の有無に関わらず、純正液晶ディスプレイは有償修理交換されます。これは、他社製部品が使われている部分全てに適用され、実質的に純正部品への交換を行わないと修理することは出来ません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Apple、他社製部品で修理したiPhoneなども有償修理の対象に含める方針に変更」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!