映画「おくりびと」、中国のアカデミー賞で「最も好きな映画」など3部門受賞―遼寧省大連市

2008年9月13日 17時15分 (2008年9月16日 00時17分 更新)

12日、開催中の「第17回金鶏百花映画祭」で、滝田洋二郎監督作品「おくりびと」が「観客が最も好きな外国映画賞」に選ばれた。(Record China)

[拡大写真]

2008年9月12日、大連市で開催中の「第17回金鶏百花映画祭」で、滝田洋二郎監督作品「おくりびと」が「観客が最も好きな外国映画賞」に選ばれた。大連晩報が伝えた。

「第17回金鶏百花映画祭」は、中国のアカデミー賞にあたる映画の祭典。期間中に開催の外国映画対象「金鶏国際影展」には、14の国・地域から28作品が出品されている。この中で、滝田監督作品「おくりびと」は審査員と観客が選ぶ「観客が最も好きな外国映画賞」を受賞。さらに、監督自身も「観客が最も好きな映画監督賞」に選ばれ、主演の本木雅弘も「観客が最も好きな外国人男優賞」を受賞した。【その他の写真】

なお、「観客が最も好きな外国人女優賞」には、オーストリア映画「42 Plus」のアンニャ・ディルベルグが選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
チャン・イーモウ「王妃の紋章」が出品取り消し、中国のアカデミー賞「金鶏百花映画祭」で―中国
日本人の反応が心配だった映画「南京!南京!」、監督が送る反戦メッセージ―中国
ビビアン・スー主演「雲水謠」、中国版アカデミー賞7部門すべてにノミネート!―中国
米映画芸術科学アカデミー、新会員候補にジェット・リーら105人発表―中国
トニー・タナカの娘出演の日台純愛映画「海角七号」、「アジア海洋映画祭」でグランプリ獲得!―東京

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。