KANA-BOON「大きな夢が叶います」メジャーデビュー決定

2013年8月8日 23時24分 (2013年8月11日 00時12分 更新)

いま破竹の勢いでロック街道を突き進んでいる、大阪・堺発の4人組ロックバンドのKANA-BOON(カナブーン)がメジャーデビューすることが決まった。(サーチナ)

[拡大写真]

 いま破竹の勢いでロック街道を突き進んでいる、大阪・堺発の4人組ロックバンドのKANA-BOON(カナブーン)がメジャーデビューすることが決まった。4月に初の全国流通盤「僕がCDを出したら」をリリース後、ロックシーンをかけぬけ、この夏は各地の夏フェスに引っ張りダコとなっている彼ら。週末には、憧れのフェス「ROCK IN JAPAN FES. 2013」に初出演を果たした。

 開演前に早々と入場規制がかかり、観客エリア外にも人が溢れかえるほどの人気ぶり。観客の期待に応える熱いライブを披露し、ボーカルの谷口鮪はMCで「いつか絶対、僕らはいちばんでっかいステージに立ちますから。ここにいる全員、連れて行きますので」と宣言。

 序盤から熱狂のライブとなる中、メジャーデビューの発表は行われた。「そしてもう一つ、大きな夢が叶います。僕ら、9月25日にメジャーデビューします」。そう告げると、割れんばかりの歓声に包まれ、鳴り止まない拍手にステージ上で4人は深々と頭を下げた。

 デビュー曲のタイトルは「盛者必衰の理、お断り」(ジョウシャヒッスイノコトワリ、オコトワリ)、『平家物語』や『寿限無』といった古典の一節を大胆に引用した歌詞も印象的なKANA-BOONらしいアッパーチューンになっている。

 10月30日にはファースト・フルアルバムのリリースが決定。一つずつ夢を叶え続けるKANA-BOONが新たな一歩を踏み出す。(編集担当:武田雄樹

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。