キョンシー映画へオマージュ「リゴル・モルティス」が好調、「霊幻道士」俳優が主演―香港

2013年11月1日 20時32分

31日、80年代のキョンシー映画にオマージュを捧げた「リゴル・モルティス/死後硬直」が、香港で興業収入トップの好調な滑り出しを見せている。(Record China)

[拡大写真]

2013年10月31日、80年代のキョンシー映画にオマージュを捧げた「リゴル・モルティス/死後硬直」が、香港で興業収入トップの好調な滑り出しを見せている。捜狐網が伝えた。

歌手や俳優、ファッションブランド運営など多彩な活動ぶりを見せるジュノ・マック(麥浚龍)が初メガホンを執った作品。原題「僵屍」は「キョンシー」の意味で、80年代に日本でも大ブームを巻き起こしたキョンシー映画にオマージュを捧げたもの。同作には映画「富江」「呪怨」で知られる清水崇監督がプロデューサーとして参加しており、先日閉幕した第26回東京国際映画祭では「アジアの未来」部門に出品され、好評を得ている。

香港では先月24日、ハロウィーンに合わせて封切られ、その後は興業成績トップを独走中。4日間での興業収入は468万香港ドル(約6000万円)に達し、好調ぶりを見せている。

キョンシー映画の火付け役となったのは、1985年公開の「霊幻道士」だった。主演のラム・チェンイン(林正英)、リッキー・ホイ(許冠英)、チン・シュウホウ(銭小豪)の3人は「黄金トライアングル」と呼ばれ、キョンシー映画を支える人気者に。その後、人気は徐々に下火になり、チェンインとリッキーはすでに他界。チン・シュウホウも忘れられた存在になっていたが、マック監督の中では依然として憧れの人物だった。このため、「リゴル・モルティス/死後硬直」では主演に抜てきされ、彼自身と同じ経歴を持つ、過去のキョンシースターを演じている。(翻訳・編集/Mathilda)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。