【華流】国際派ユニットAsian 4 Frontインタビュー:前編

2014年3月13日 11時00分

中国語、韓国語、英語、そして日本語。多言語を武器に楽曲を作り、ステージに立つダンス・ボーカルユニット「Asian 4 Front/通称:A4F」。リーダーTAKESHIは日本人で、中韓ハーフのMINAMIは日本育ち。またアメリカと台湾のミックスだというLINと、100%台湾人のAIR。国際派の男女4人組で、台湾を拠点にアジア全域を視野に入れて活動中だ。来日インタビュー前編では、出演したイベントと映画について質問した。(写真は筆者撮影)(サーチナ)

 中国語、韓国語、英語、そして日本語。多言語を武器に楽曲を作り、ステージに立つダンス・ボーカルユニット「Asian 4 Front(アジアン フォー フロント)/通称:A4F(エーフォーエフ)」。リーダーTAKESHI(タケシ)は沖縄出身の日本人で、中韓ハーフのMINAMI(ミナミ)は日本育ち。またアメリカと台湾のミックスだというLIN(リン)と、100%台湾人のAIR(エアー)。国際派の男女4人組で、台湾を拠点にアジア全域を視野に入れて活動中だ。来日中にインタビューし、前編では出演したイベントと映画について質問した。(写真は筆者撮影)

――音楽イベント「沖縄国際アジア音楽祭 musix」に、2年連続で出演しました。その感想から聞かせてください。

 MINAMI(以下M):とてもホットなステージでした。たくさんの方が応援してくださって、韓国語で声をかけてくれたファンもいたんです。すごくうれしかった! 去年は「誰なんだろう?」という雰囲気で私たちを見た方が多かったと思いますが、今年はA4Fを知っている人が増え、有名になったと勘違いするくらいでした(笑)。心がわくわくした楽しいステージでした。

 TAKESHI(以下T):観客席に誰もいなくても僕たちの力でお客さんを呼び込めばいい、という気持ちでステージに上がったんです。でも想像よりもたくさんのお客さんがいてくださって、歌っているとどんどん人が増えていった感覚もありました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。