日本人タレントが韓国の番組で外国人に失礼発言を連発=韓国で批判の的に「今まで好きだったのに…ひどい」「これが日本人の本当の姿なのかも」

2017年10月23日 17時20分 (2017年10月26日 00時00分 更新)

23日、日本生まれの歌手で母親の母国である韓国でもデビュー、バラエティー番組に多く出演しているタレント、KangNam(30)のテレビでの発言に対し、韓国で「失礼だ」と批判の声が高まっている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2017年10月23日、韓国・マイデイリーなどによると、日本生まれの歌手で母親の母国である韓国でもデビュー、バラエティー番組に多く出演しているタレント、KangNam(カンナム・30)のテレビでの発言に対し、韓国で「失礼だ」と批判の声が高まっている。

KangNamは22日放送のSBSの人気バラエティー「憎いうちの子(邦題:アラフォー息子の成長日記)」に出演、韓国の歌手トニー・アン(39)と連れ立って、ガーナ出身のタレント、サム・オチュリ(26)の元を訪ねた。3人は料理を囲み楽しげに過ごすのだが、程なくしてKangNamの発言が和やかな雰囲気を壊すことになる。

「ガーナに帰るとだいたいスケジュールが詰まっている。インタビューを受けたり…」と明かしたサムに対し、KangNamが「ああ、あっち(ガーナ)で芸能人なの?」と受けたのに続き、「ガーナにテレビがあるのか?」と質問したのだ。状況を察したトニー・アンが「当然ガーナにテレビはあるだろう。ミスしたね」とKangNamの失言を指摘して済ませようとしたが、KangNamは気付かぬ様子。「地下鉄も通ってる?ライオンもいるのか?建物は?クラブもあるのか?」などと、サムの不愉快そうな表情にも構わず畳み掛けたのだ。

KangNamは8月にも、テレビで共演した女性タレントに「死ぬほど殴れと言われれば殴れる」と暴言を放ち波紋を呼んでいた。マイデイリーは、再び飛び出した問題発言に、「KangNamが2011年に韓国でデビューした当時は拙い韓国語や突飛な言動で人気を得たが、もう暴言や毒舌が笑いにつながる時代ではない」と指摘、「KangNamもトレンドの変化に合わせて変わらなければならない」と厳しく糾弾した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。