中国人女優がレッドカーペットで必死のアピール?無名の「自称セレブ」なぜか乱入&転倒も―カンヌ映画祭

2018年5月10日 12時00分

9日、第71回カンヌ国際映画祭の開幕セレモニーでは、中国人女優がレッドカーペットに長い間とどまったり、無名の女性ブロガーが転倒したりと、今年も珍風景が話題になっている。(Record China)

[拡大写真]

2018年5月9日、第71回カンヌ国際映画祭の開幕セレモニーでは、中国人女優がレッドカーペットに長い間とどまったり、無名の女性ブロガーが転倒したりと、今年も珍風景が話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

8日(現地時間)に行われたカンヌ国際映画祭の開幕セレモニーでは、中国からファン・ビンビン(范冰冰)をはじめ複数の人気女優がレッドカーペットに登場。その中の1人で、映画「如影随心」を携えて参加した女優マー・スー(馬蘇)が、規定時間を超える6分間もカーペット上を歩いたとして、「海外で恥をさらした」とネット上で批判されている。

昨年のカンヌ映画祭では、「網紅」と呼ばれるネットインフルエンサーたちが、なぜかスター気取りでカーペットに登場し、恥ずかし過ぎる光景として話題になった。今年もそんな「網紅」がカーペットに姿を見せ、さらに階段で転倒するという珍風景が話題に。この女性は中国版ツイッターのプロフィール欄に、世界一美しいミセスを選ぶ「ミセス・グローブ」でアジア1位、世界5位になったと自称し、自身のセレブ生活を頻繁に投稿。今回の転倒については、高過ぎるヒールと足の古傷のせいだったと説明しているが、ネット上では「どう見てもわざと転んでいる」「そこまでして恥をさらしたいのか?」と、その行動をあきれる声ばかりが寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。