「中国版・新垣結衣」、ついに日本で歌手デビュー!中国ネットからは「なんだか寂しい」の声も

2018年6月21日 21時50分

21日、「中国版・新垣結衣」の異名を持つロン・モンロウが歌手デビューを果たしたとのニュースに中国のネットユーザーが反応を示している。写真は本人のインスタグラム画像。(Record China)

[拡大写真]

2018年6月21日、「中国版・新垣結衣」の異名を持つロン・モンロウ(龍夢柔)が歌手デビューを果たしたとのニュースに中国のネットユーザーが反応を示している。

ガッキーこと新垣結衣にうり二つと注目を集めたロン・モンロウは、これまで滞在型ホテル「東急ステイ札幌」のCMやテレビドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演するなど日本でもますます知られる存在となっている。20日にはデビュー曲「PLANET」の配信がスタート。この作品は日本の音楽ユニット・ラムジ(13年解散)の楽曲をカバーしたもので、日本語バージョンのほか、中国語バージョンも用意されている。

このニュースに中国のネット上にはさまざまなコメントが寄せられており、「ガッキー似」とされることに反発するネットユーザーからは相変わらず本家を推す手厳しい声が寄せられているが、「日本に行って仕事をするなんて簡単なことではないよ」「夢のために頑張ってほしい」「他の人が何と言おうが応援してる」といったメッセージや、「うれしいけど、なんだか寂しい気もする」「彼女がどんどん前に進んでいくからかな?」などの書き込みも見られた。(翻訳・編集/野谷)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。