0

巨人・高橋由伸監督がまもなく始動 注目の1年目、G歴代監督はどうだった?

2016年1月24日 11時43分 (2016年1月27日 09時05分 更新)

川上政権以降の巨人監督1年目の成績

[拡大写真]

川上氏らが就任1年目で日本一達成

 巨人軍第18代監督に高橋由伸氏が就任し、まもなく初のキャンプインを迎える。2006年から10年間、指揮していた原辰徳前監督が昨年限りで退任。後任として白羽の矢が立った40歳は現役引退を決断し、指揮を執ることになった。

 連覇が途絶えた直後のチームを再び常勝へと導くのはそう簡単なことではない。今季12球団で最年少となる新指揮官の注目の1年目。重圧がのしかかる中、果たしてどのようなチーム作り、采配を見せるのか――。ここで巨人を率いた歴代の監督の就任1年目をV9の川上政権以降から振り返ってみたい。

○1961年 川上哲治 1位→日本一

 61年に監督に就くと、65~73年まで9年連続リーグ優勝、日本一と巨人軍の黄金期を作った名将。水原監督の後を継いだ1年目。川上監督はアメリカ・フロリダ州のベロビーチキャンプを行い、名門ドジャースから、メジャーの野球を学んだ。長嶋茂雄王貞治森祇晶らが大きな刺激を受けた。突出した成績を出す選手はこの年はいなかったが、71勝で優勝。南海との日本シリーズにも勝利。強い巨人軍の礎を作った。14年間で11回の優勝と日本一を飾った。

○1975年 長嶋茂雄 6位 

 長嶋氏は現役を引退し、即、指揮を執った。今回の高橋由伸監督と同じ。中心選手の高齢化、貧打、王ら主力の故障に苦しんだ。47勝76敗7分けで球団初の最下位になってしまった。森や黒江らが引退しており、若手が育っていなかった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!