0

日本ハム・斎藤 二軍の巨人戦で6失点

2017年9月13日 18時17分 (2017年9月13日 20時52分 更新)

 2軍で調整中の日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が13日、イースタンリーグ・巨人戦(鎌ケ谷)に先発し、5回6失点だった。

 初回、立岡に初球を先頭打者本塁打を浴び、早々と1失点。その後は最速140キロの直球を武器に4回まで無失点に抑えた。立ち直ったかに思えたが、5回二死の場面で吉川大に四球を与えると、味方の失策を挟み4連打を浴び5失点。この回でお役御免となった斎藤は試合終了を待たずに球場を後にした。

 試合後、伊藤剛投手コーチは「いいところと悪いところの両方出た。2回からは左打者の内角をまっすぐで突いていたが、5回に二死から四球を与えてしまったのは課題。あそこでゲームをつくってほしかったね」と振り返った。試合は12―2で巨人が大勝した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!