0

【MLB】鷹サファテ、大谷は「地球上で最高の選手」 米誌で絶賛、課題は「制球」「内角」

2017年12月11日 07時31分 (2017年12月12日 13時35分 更新)

エンゼルス入団を決めた大谷翔平【写真:Getty Images】

[その他の写真を見る]

大谷を1年目から知る最強守護神が語る「スーパースターになると言い続けてきた」

 米MLBのロサンゼルス・エンゼルスへの入団が決まった大谷翔平投手。日本ハム在籍5年間で二刀流としての実績を積み上げ、メジャー球団が争奪戦を繰り広げた。9日にエンゼルス入団を決断、10日には入団会見が行い、晴れて「The Halo(天使の輪の意、エンゼルスの愛称)」の一員となることが決定した。この日米を騒がせた大谷について、ソフトバンクで今季プロ野球記録となる前人未到の54セーブを記録したソフトバンクのデニス・サファテ投手が米メディアにコメントしている。

 米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が「日本にいる元大リーグ選手にとって、オオタニは特別だが、無敵ではない」というテーマで記事を掲載。この中でサファテは「彼は地球上で最高の選手だよ」と最大級の賛辞を送っている。

 広島、西武と渡り、日本で7シーズンを過ごしたサファテ。ソフトバンクでは4シーズンを戦い、昨季は大谷擁する日本ハムに大逆転でのリーグ優勝を許した。投手として、打者として大谷の力を目の前で感じており、「彼の魅力を知っている。彼はスーパースターになる、それくらい良いんだと初めから言い続けてきた」と、その才能を認めた。

 その一方で右腕の課題も指摘。記事の中で「彼は時々考え過ぎるんだ。『100マイル投げられるんだから、変化球はやめなよ』って思うんだけどね」と言い「優れた制球力は持っていない」とも。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!