1

阪神・糸井 現状維持でサイン「来季はスーパーな糸井でいきたい」

2017年12月14日 12時40分 (2017年12月14日 16時12分 更新)

意気込みを語った糸井

[拡大写真]

 阪神・糸井嘉男外野手(36)が14日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸4億円プラス出来高払いでサインした。

 オリックスからFAで加入した今季は114試合に出場し、打率2割9分、17本塁打、62打点をマークした。だが、7月に右脇腹の筋挫傷で1か月間の戦線離脱を経験したとあって「納得いく数字が一つもない。離脱したときは責任を感じた。『俺、何しんとんねん!』とかいろいろ思った」と振り返った。

 前日に獲得が決まったウィリン・ロサリオ内野手(28)については「ヒゲ、かっこええな」と“超人節”で歓迎した。

 4年契約の2年目となる来季に向けて「タイトル争いできるくらいの活躍をしないといけない。来年はホンマにスーパーな糸井でいきたい」と意気込んだ。

※金額は推定

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    給料泥棒

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!