1

中日入りの松坂 故星野仙一氏も背負った「20」は「僕が着けるべきではない」

2018年1月23日 20時06分

中日への入団が決まった松坂大輔【写真:荒川祐史】

[拡大写真]

歴代のエースが背負った20番は「ドラゴンズの中から相応しいピッチャーが出てくるべき」

 前ソフトバンクの松坂大輔投手の中日への入団が23日、決まった。この日ナゴヤ球場の室内練習場で非公開の入団テストが実施。西山和夫球団代表や森繁和監督ら首脳陣の前で、松坂はブルペンでの投球練習を披露。見事合格となり、テスト終了後に正式に契約を結んだ。

 報道陣約100人、ナゴヤ球場の周囲には“松坂見たさ”のファン約50人が室内練習場と寮のある敷地内の様子を伺う中で、晴れて「中日の松坂大輔」が誕生した。テスト終了後の会見で「まずは第1段階というか、ホッとしています。今が100パーセントではないですけど、十分に投げられますというのは伝わったかなと思います」と語った右腕。これまでは「18」が代名詞だった背番号は「99」に決まった。

「背番号は本人の希望の番号をあげました。苦しんで苦しんでいるんですから、99ですよ。色んな番号をだしましたけど、それを本人が選んだということ」。松坂の会見に先立ち、報道陣の取材に応じた森繁和監督は背番号99となった経緯を明らかにした。

 なぜ、松坂は「99」に行き着いたのか。

 まず大前提として、中日の背番号18は将来のエース候補である鈴木翔太投手が背負っている。そういった状況でもあり、空き番号の中から候補が出されたのだが、実は、松坂の「頭にあった」番号があったという。

複数の候補の中から99を選び「足したら18になりますし、何か意味があるんじゃないかと」

 それが、中日のエース背番号である「20」だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「中日入りの松坂 故星野仙一氏も背負った「20」は「僕が着けるべきではない」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    仕事できないやつを入団させるって… ただの客寄せパンダ?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!