0

日ハム栗山監督、大谷訪問に刺激 「順調そう?」に笑み「なんでオレが…」

2018年2月13日 07時10分

日本ハムのキャンプを訪問した大谷翔平と談笑する栗山監督【写真:盆子原浩二】

[拡大写真]

“独り立ち”には「大丈夫」、新シーズンへ「翔平が抜けたから、と言われるのは絶対ダメ」

 ポスティングシステム(入札制度)でエンゼルスに移籍した大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、アリゾナ州スコッツデールで行われている“古巣”日本ハムのキャンプを電撃訪問した。グラウンドで談笑した栗山英樹監督は、メジャーでの成功へ向けてあらためてエール。日本ハムからの“独り立ち”に「大丈夫」と太鼓判を押した。

 大谷は日本ハムが練習を行っているダイヤモンドバックスのキャンプ施設に颯爽と登場。スタッフ、選手に挨拶して回った。栗山監督とは談笑。すでにエンゼルスのキャンプ施設で自主トレを行っていることもあり、設備の違いなどについて話したという。

 本人は取材対応することなくグラウンドを後に。栗山監督も最初は会話の内容について「向こうの施設とか色んな話もしたし、まぁ色々」と詳しく明かすことはなかったが、徐々に“かつて”の中心選手について語り始めた。

「調整は順調そうですか?」との質問には「そうだね。そうだね。なんでオレが喋るんだよ。ちゃんと聞いてくれよ。関係ないって」と言いながらも笑顔。それでも「悩み相談じゃなくて、こっちが気になることは伝えた。こっちにきて、いくつかチェックしていたはずなんだけど、ちょっと気になることがあったので、そのことに関しては話しました。野球をやる上で」と続けた。過去2年、大谷もアリゾナでキャンプを行ったとはいえ、環境などについてあらためて“助言”したようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日ハム栗山監督、大谷訪問に刺激 「順調そう?」に笑み「なんでオレが…」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!