0

ホークス岩嵜が本格ブルペン「首はもう問題ない」 

2018年2月13日 13時50分 (2018年2月14日 14時35分 更新)

ソフトバンク・岩嵜翔【写真:藤浦一都】

[拡大写真]

「力強く振れていた」と納得の表情

 ソフトバンクの岩嵜翔が13日、ブルペンで40球を投げ込んだ。6日に首痛を発症し別メニューとなって以来の初ブルペンだ。 

 第2クール初日の6日から別メニューで調整していた岩嵜は、第3クールに入って徐々に通常メニューをこなせるようになっていた。11日はブルペンで高村祐投手コーチを立たせての投球。12日は誰もいないブルペンで黙々とシャドーピッチングを行っていた。そして第3クール最終日のこの日、ブルペンで捕手を座らせての本格投球を再開。40球と少なめではあったが「力強く(腕も)振れていたし、首はもう問題ない」と納得した表情で語った。 

 昨年のキャンプでも首を痛めて一時別メニュー調整を続けた岩嵜だが、シーズンでは球団の最多登板記録を塗り替え、初タイトルを獲得するなど大きく飛躍。ほぼ回復した今、2年連続のキャンプでの首痛は岩嵜にとって“吉兆”なのかもしれない。 (藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!