1

清宮“人生初”の代走出場「ミスもなかった。一歩前進です」

2018年2月14日 11時30分

代走で出場した清宮

[拡大写真]

【アリゾナ州スコッツデール発】日本ハムの怪物ルーキー・清宮幸太郎内野手(18=早実)は13日(日本時間14日)、午後に行われた韓国LGとの練習試合で、プロ入り後初となる代走で出場した。試合前、緒方コーチは「清宮は今日は(ペースの)落とし日」と話し、清宮が試合に出場しない可能性も示唆。実際に午前中の練習では打撃練習は行わず、守備や走塁練習で汗を流した。

 清宮が「まさか」の代走で出場したのは、7回無死一塁。一塁走者の森山に代わり出場すると、打者杉谷の場面で早速けん制を受ける。冷静に帰塁すると、その後の中島の左前打で二塁へ。続く平沼の二ゴロの間に三塁へ進んだが直後の松本が中飛に倒れ3アウト。試合後、清宮は「落ち着いてサインも見れたし、ミスもなかった。一歩前進です」と笑顔。これまで臨時以外での代走はなく、これが“人生初”だ。「(守備か走塁)どちらか(での出場)かなとは思っていました。心の準備はできていました」と落ち着いていた。14日(同15日)がアリゾナキャンプ最終日。沖縄・国頭での第2次キャンプから打撃の調子を上げていく。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「清宮“人生初”の代走出場「ミスもなかった。一歩前進です」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    こんなレベルの話をいちいち記事にせなあかんのかね、というのが率直な感想

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!