0

広島菊池が目指す「最強の2番打者」 こだわるのは「1試合1試合の貢献度」

2018年3月13日 20時52分 (2018年3月14日 19時15分 更新)

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

[拡大写真]

3月には1年ぶり招集でタイムリーを演出

 今月上旬、オーストラリア代表との強化試合で2試合連続完封勝ちしたジャパン。昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で攻守に活躍した広島の菊池涼介も、約1年ぶりに代表ユニフォームに袖を通した。

 3日の試合は「2番・二塁」で先発出場し、4打席ノーヒットに終わったが、6回には無死一塁から送りバントを決め、決勝点となる柳田、筒香のタイムリーにつなげた。

 自身初の大舞台の国際大会だった昨年のWBCは「すべてが新しく、大変だった」という。中京学院大学時代には、大学日本代表候補に選ばれながら、本戦のメンバーから漏れた経験があった。当時は現在ほど地方大学の躍進もなく、東京六大学や東都大学リーグなどいわゆるメジャーな大学に所属する選手が優先される傾向があり、地方大学の所属で代表選出から漏れた選手がプロ入りするケースも少なくなかった。

 当時の経緯もあり「見返してやったという気持ちもあった」という昨年のWBCだったが、143試合のレギュラーシーズンが行われる前の大会で、ポストシーズン終了まで昨季は「本当にめちゃくちゃ長い1年だった」と振り返る。

「シーズン序盤は気持ちの切り替えもなかなかできなかったし、時差ぼけなども重なって、眠れない日が普通だった。肉体的にも本当に苦しい時期があった」

 全力疾走ができず代走を送られることもあったが、それでも欠場したのは5試合のみで、リーグ連覇の中心として活躍した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!