6

日本ハム・清宮の体が悲鳴 開幕一軍どうなる

2018年3月14日 16時30分

11日のDeNA戦、清宮はベンチでつらそうな表情を見せていた

[拡大写真]

 日本ハムの黄金ルーキー・清宮幸太郎内野手(18=早実)が13日、東京都内の病院で精密検査を受け、腹腔内の一部に炎症が見られる「限局性腹膜炎」と診断された。15日まで入院し、点滴などを受けて経過を観察する。清宮のアクシデントは1月から早くも3度目。歯車が狂った黄金ルーキーはどうなってしまうのか…。

 清宮は11日、鎌ケ谷スタジアムで行われたDeNAとのオープン戦終了後に広島入り。13、14日に開催される広島とのオープン戦(マツダスタジアム)に備え、12日は休養日となっていた。

 そんな休養日の午前中に腹部の倦怠感や鈍痛などの症状を訴えると、首脳陣は「試合に出られるような体調ではない」と判断。同日昼過ぎに単身帰京し、都内の病院に検査入院した。清宮が不調を感じ始めていた時期について、吉村GMは「ここ数日間」と話しており、少なくとも12日の遠征前から何らかの違和感を覚えた可能性がある。緒方野手総合コーチも清宮の変化には気付いていたようで「(原因は)プレッシャーとかではないと思うけど、疲れとかは間違いなくあっただろうね」と指摘した。

 沖縄で行われた春季キャンプ中にも「急性胃腸炎」で一時離脱しており、短期間を置いて再び腹痛症状…。1月のアリゾナキャンプ前に負傷した右手親指も含めると、月に1度のペースで体調に異変をきたしていることになる。

 それでも栗山監督は黄金ルーキーの開幕一軍スタートに向け、一線級の投手との対戦を経験させるために、度重なるアクシデント後も一軍に帯同させ続けてきた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日本ハム・清宮の体が悲鳴 開幕一軍どうなる」のコメント一覧 6

  • 匿名さん 通報

    ハムもとんだ事故物件ぶっこんじまったな。

    3
  • 匿名さん 通報

    ストレスか?大丈夫かなあ。まだ十代だしこれからだよ。焦らず一歩一歩。

    3
  • 匿名さん 通報

    変顔する暇があったらしばらく入院しとけ

    2
  • 匿名さん 通報

    この短期間に二度の入院とあっては、プロで戦える体ではなかったのかと思える。球団は現実をふまえ、将来のために何年も二軍で基礎から作り直すべきだろう。まとわりつくマスコミ対策も必要

    2
  • 匿名さん 通報

    心配しながらニヤける輩やマスコミに負けるな。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!