0

阪神・榎田 西武・岡本とトレード成立「もうひと花さかせられるように」

2018年3月14日 14時33分 (2018年3月14日 16時12分 更新)

西武へトレードが決まり会見する榎田大樹

[拡大写真]

 阪神は14日、榎田大樹投手(31)と西武・岡本洋介投手(32)の交換トレードが成立したことを発表した。

 榎田は2010年にドラフト1位で入団し、1年目からセットアッパーとして活躍。近年は若手の台頭で活躍の場を失っていたが、かねて高評価していた西武側の熱烈オファーにより新天地への移籍が実現した。

 西宮市内の球団事務所で取材に応じた左腕は「ビックリしたけど、必要とされているので、しっかりと活躍したい。金本監督からは『まだまだ活躍できるはずだから、しっかり頑張れよ』と言ってもらった。もうひと花さかせられるようにやっていきたい」と抱負を語った。

 谷本球団本部長は「新人時代は最多試合登板をしてくれた。新天地でもケガをすることなく、頑張ってほしいと伝えた」と期待した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!