1

マエケン“奪三振マシン化” マーリンズ戦6回7K

2018年4月26日 11時30分 (2018年4月26日 16時32分 更新)

奪三振数が増えている前田(ロイター=USA TODAY Sports)

[拡大写真]

 ドジャースの前田健太投手(30)は24日(日本時間25日)のマーリンズ戦に先発し、6回を1本塁打を含む4安打、7三振1四球と試合をつくったものの、勝敗は付かなかった。初回、先頭ディートリッチを空振り三振に仕留めると三者凡退で簡単に終えた。2回は2安打され一死一、二塁とされるが後続を抑えた。3回は2者連続三振後に2番リアルミュートに一発を浴びたが、失投はそれだけ。6回まで82球、最少失点で切り抜けた。

 一夜明けた25日(同26日)、地元メディアは前田の奪三振マシン化を評価した。CBSスポーツ(電子版)は「前田は2016年のリーグ入りから、2シーズンで9回当たりの三振数(K/9)は9・26。素晴らしい三振(を取れる)ピッチャーだが、今年は20・1イニングで31奪三振(K/9=13・72)とさらに良い」と紹介。オレンジカウンティー・レジスター紙は「火曜日、6イニング中聞こえ続けた前田健太への『おー!』とか『わぁ!』は、9回のバエズの時にはブーイングに変わってしまった。前田健太の素晴らしい投球を台無しにしてしまったからだ。前田の31奪三振は、現在ナ・リーグ12位。だが、彼らは全員5回以上先発しているのに対して、前田は4先発(と救援で1度登板)しかしていないのだ」と強調した。ちなみに昨季は32位だった。

 NBCロサンゼルス(電子版)は「力強いパフォーマンスにかかわらず、前田は白星を得られなかった」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    好投

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!