2

【MLB】「逃したのは本当に残念」大谷獲得に失敗したレイズ地元紙が改めて嘆息

2018年5月22日 07時30分

8回途中2失点の快投を演じ、声援に応えるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

[拡大写真]

キャッシュ監督は驚嘆「ただただスペシャルな選手だ」

 二刀流の活躍で連日賑わしているエンゼルス大谷翔平投手。投手としては4勝1敗、防御率3.35、打者としては打率.321、6本塁打、17打点の活躍で対戦相手を苦しめ続けている。オフに激しい大谷争奪戦が繰り広げられたことは誰もが知るところ。17日(日本時間18日)から4連戦を戦ったレイズも獲得に向けて尽力したが、獲得レースに敗れた1つのチームであった。

 レイズの地元紙「タンパベイ・タイムズ」では「ショウを逃すとはどういうものか、レイズが目の当たりに」と題した特集記事を掲載した。大谷という逃した獲物は大きかった、と改めて嘆息している。

 レイズには昨季ドラフト1巡目で獲得したブレンダン・マッケイという二刀流選手が在籍する。記事によれば、レイズは大谷獲得に向けて「球団幹部からインターンまで総出で準備を進めた」というが、その熱意は伝わらず。書類選考で落選し、直接面談のチャンスは得られなかった。

 開幕前は二刀流実現に向けて懐疑的な声も聞こえたが、シーズンが始まると目を見張る活躍ぶりで全米にセンセーションを巻き起こした。レイズとの4連戦も例外ではなく、最初の2戦にDHとして出場した大谷は6号ソロを含む7打数2安打。さらに投手としてマウンドに上がった4戦目は自己最長となる7回2/3を投げて6安打2失点の好投で4勝目をマークした。

 この大谷のパフォーマンスを初めて直接目にしたレイズのケビン・キャッシュ監督は「私が思っていたよりも背が高く、大きく、速い…ただただスペシャルな選手だ」と感心するばかりだったという。

 それは第1戦で対戦したレイズ右腕クリス・アーチャーも変わらないよう。29歳右腕は大谷を3打数無安打に封じたが、「素晴らしいよ。こんなにもいい選手だなんて衝撃を受けている。シーズンは長いけど、彼には息の長い現役生活を送ってほしいね。23歳であんなことを成し遂げるなんて、今まで誰も思いつきさえしなかった」と驚きの声を上げているそうだ。

 記事では、メジャーという新しい環境や言葉の壁に順応するだけではなく、数多くの日米両国メディアからの注目を集めながらも好成績を残す姿を紹介。また、エンゼルスのチームメイトたちが大谷の人間性を称えていることにも触れている。

 敵地メディアが対戦チームの選手を取り上げ、ここまで称賛することも珍しい。「レイズがショウを取り逃がしたのは本当に残念だ。マッケイと揃えば、かなり強力なタッグになったはずなのに」と締めくくられた特集は、大谷を諦めきれないレイズの思いが凝縮されているようだった。(Full-Count編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【MLB】「逃したのは本当に残念」大谷獲得に失敗したレイズ地元紙が改めて嘆息」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    逃がした魚は大きいにゃ~

    1
  • 匿名さん 通報

    MLBで注目された野茂、選手のスト明けでヒーローになったゴジラ松井、未だ注目されるダルとマー君、そして球団観客数を増大させたムネリン。アメリカは、もっと野球を楽しませんと。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!