1

【MLB】DL入りのダル 地元紙辛辣批判も、指揮官擁護「スポーツカー。動き出せば…」

2018年5月29日 13時09分

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

[拡大写真]

2度目のDL入りでついた「手間のかかる投手」のイメージ

 右上腕三頭筋腱炎で今季2度目のDL入りとなったカブスのダルビッシュ有投手。今季ここまで1勝3敗、防御率4.95と結果を残せない右腕に対しては批判的な声も増えてきているが、そんな中で、カブスのジョー・マドン監督が右腕に対する最大限の支援を約束した。地元紙「シカゴ・トリビューン」電子版が報じている。

 23日に遡ってDLしたダルビッシュは、29日(日本時間30日)にMRI検査を受けることが球団から発表されているが、2015年にトミー・ジョン手術を受けたこともあり、故障は深刻なのではないかという声もあがっている。同紙によると、マドン監督は、ダルビッシュの状態について改めて「(MRI検査は)深刻なものではないということをはっきりさせるためのものだ」と話したという。

 しかし、5月上旬のパラインフルエンザ感染に続き、開幕2か月足らずで2度のDL入り。8試合に先発して1勝3敗、防御率4.95と苦闘が続いていることもあり、同紙は「“面倒な手間のかかる投手”というイメージをさらに強めることになってしまった」と指摘。記事の中では、ダルビッシュと入れ替わる形で、カブスからフィリーズに新天地を求めた前エース右腕のジェイク・アリエッタが9試合4勝2敗、防御率2.45と安定した成績をおさめていることも紹介され「FA選手の中でもっとも期待を裏切った1億2600万ドル(約134億2200万円)の男」という辛辣な表現も使われている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【MLB】DL入りのダル 地元紙辛辣批判も、指揮官擁護「スポーツカー。動き出せば…」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    この成績で、この巨額の契約では、批判が起きるのも無理はない❗

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!