0

【MLB】まだ19歳 飛び級メジャー昇格のナショナルズ新星が史上5位の快挙を達成

2018年6月15日 07時40分

ナショナルズのフアン・ソト【写真:Getty Images】

[拡大写真]

ナショナルズのソトがメジャー5番目の若さでマルチ本塁打を記録

 球界を代表する数々の名選手が存在するメジャーリーグの世界で、将来を嘱望される新星がメジャー史上5番目となる偉業を達成した。ナショナルズの19歳、フアン・ソト外野手だ。

 ドミニカ共和国のサント・ドミンゴ出身のソトは16歳だった2015年にナショナルズとマイナー契約を結ぶと、着実にキャリアアップを遂げる。今季のマイナーリーグでは1Aで16試合、打率.373の5本塁打、1A+で15試合、打率.371の7本塁打と打ちまくり、2Aでも8試合で2本塁打、打率.323をマーク。なんと3Aを飛び越えて“飛び級”で今季5月20日(日本時間21日)のドジャース戦でメジャーデビューを飾った。

 デビュー2戦目の5月21日(同22日)のパドレス戦でメジャー初本塁打を含む4打数2安打1本塁打3打点と活躍すると、一気にスタメンの座まで掴んでしまった。そして迎えた6月13日(同14日)に敵地ヤンキースタジアムで行われたヤンキース戦で、この19歳が快挙を達成。この偉業をナショナルズの公式サイトも大きく紹介している。

 この日が初めてヤンキースタジアムでのプレーとなったソトは「7番・左翼」でスタメン出場。4回に左翼への4号3ランを放つと、7回には中堅への5号ソロ。自身メジャーで初となるマルチ本塁打を放ち、2安打4打点の大活躍。チームも5-4でヤンキースに勝利した。

「【MLB】まだ19歳 飛び級メジャー昇格のナショナルズ新星が史上5位の快挙を達成」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!