0

韓国・本塁打競争で元ホークス李大浩が決勝へ 地元メディア「雪辱のチャンス」

2018年7月14日 10時07分

2017年のWBCでは韓国代表で活躍した李大浩【写真:Getty Images】

[拡大写真]

昨年は決勝で阪神ロサリオに敗れる

 NPBでは13日からオールスターゲームが始まり、試合前のホームランダービーでは筒香嘉智外野手(DeNA)が決勝進出を決めた。お隣の韓国でも同日、ホームランダービーが行われ、元ソフトバンクの李大浩内野手が優勝を狙う。

 日本のホームランダービーでは、筒香が1回戦で9本を放ち、中田翔(日本ハム)を撃破。2回戦では3分間に14本と爆発し、10本の吉田正尚(オリックス)を下して決勝進出となった。14日に熊本で決まる対戦相手と優勝を争う。その一方で、韓国では李大浩が決勝に駒を進めた。

 2015年を限りに日本球界を去った李大浩は、マリナーズを経て、昨季から韓国のロッテ・ジャイアンツで主砲として活躍を続けている。今季は前半戦で21本塁打を放ち、打線を牽引。そしてオールスター戦の前日に行われたホームランダービーで、10本の放物線を描いた。

 14日に行われる決勝の相手は、昨年までレンジャーズに所属し、今季からハンファ・イーグルスで活躍しているジャレッド・ホイング外野手だ。現地メディア「ノーカットニュース」では、「李大浩は2年連続でハンファの助っ人と優勝を争うことになる。昨年はウィリン・ロサリオ内野手に敗れた。今年は雪辱を果たすチャンスだ」と、昨季は現・阪神のロサリオの前に涙を呑んでいたことを伝えている。

 昨年のホームランダービーでは李大浩が4本塁打を放ったが、ロサリオが倍の8本塁打で優勝した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「韓国・本塁打競争で元ホークス李大浩が決勝へ 地元メディア「雪辱のチャンス」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!