0

松坂大輔が12年ぶり球宴で見せた“流儀” 20年前と変わらず貫くスタイル

2018年7月14日 11時13分

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

[拡大写真]

オールスターは1勝3敗、防御率11.77も結果関係なしの真っ向勝負

 7月13日のオールスター第1戦、2006年以来12年ぶりにオールスター戦に出場した松坂大輔は、1回を投げ2本塁打を喫するなど自責点5だった。9月に38歳になる松坂の衰えを感じたファンも多いかもしれないが、実は「松坂らしい」登板をした、と見ることもできるのだ。

 松坂大輔のオールスターでの戦績を見ていこう。

〇1999年第1戦(西武ドーム)敗戦投手
3回2被安打1与四球5奪三振、失点2自責点0 
【1回】
1(遊)石井琢(横)三振
2(指)鈴木尚(横)三振
3(右)高橋(巨)中直
【2回】
4(中)松井(巨)左飛
5(二)ローズ(横)三振
6(一)ペタジーニ(ヤ)三振
【3回】
7(左)関川(中)四球
8(捕)古田(ヤ)中前打
9(三)二岡(巨)三振
1(遊)石井琢(横)左犠飛
2(指)鈴木尚(横)中前打
3(右)高橋(巨)投飛

 セの先発は上原浩治。前年のドラフトの目玉が揃って第1戦の先発を務めた。18歳の松坂は2回まで4奪三振、3人ずつで斬って取ったが、3回先頭の関川を歩かせたのを皮切りに失策も絡んで2失点。負け投手になった。対照的に上原は勝ち投手となった。

〇2000年第2戦(グリーンスタジアム神戸)敗戦投手
2回4被安打2与四球0奪三振、失点3自責点3 
【1回】
1(左)坪井(神)右前打
2(三)立浪(中)四球
3(中)新庄(神)遊飛
4(一)ペタジーニ(ヤ)一ゴロ
5(指)山崎(中)右前打
6(右)高橋由(巨)右前打
7(二)木村拓(広)四球
8(捕)谷繁(横)右邪飛
【2回】
9(遊)二岡(巨)三内安
1(左)坪井(神)一ゴロ
2(三)立浪(中)遊直
3(中)新庄(神)中飛

 第2戦に先発したが、1回にいきなり3失点し、敗戦投手となる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「松坂大輔が12年ぶり球宴で見せた“流儀” 20年前と変わらず貫くスタイル」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!