0

阪神今季ワーストタイ5連敗で5位転落 DeNA桑原にサイクル安打許し大敗

2018年7月20日 23時08分

ベンチで厳しい表情の金本監督

[拡大写真]

 阪神は20日のDeNA戦(横浜)も3—10と大敗し、今季ワーストタイの5連敗。借金も最多の7となり5位に転落した。

 横浜スタジアムでは今季5戦全勝と相性がよかった阪神ナインだが、先発した秋山が今季最短の4回6失点でKO。打線も初回に北條の第1号先制ソロ、8回にロサリオが「何とかチームに貢献したい」と一軍再昇格後、初打点となる右越え適時打をマークしたものの、3点奪うのがやっと…。DeNAの桑原には史上67人目となるサイクル安打まで許しての黒星となった。

 試合後の金本監督は「序盤に打ち込まれるという試合が増えているのがな…」と苦渋のコメント。逆襲を狙うはずの後半戦で唯一、セ・リーグで勝ち星なし。

 そんな苦境の中、21日のDeNA戦からは右足腓骨骨折で離脱していた主砲の糸井が戦列復帰する。この日は故障後、初実戦となったウエスタン・中日戦(鳴尾浜)でいきなり本塁打を放つなど3打数2安打2打点と大活躍。チームの窮地を救えるか、注目だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「阪神今季ワーストタイ5連敗で5位転落 DeNA桑原にサイクル安打許し大敗」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!