0

【高校野球】ドラ1候補ビッグ3でプロスカウトが絶賛 大阪桐蔭・根尾の“NEOプラン”

2018年8月17日 16時30分

遊撃を守り、跳び上がって打球を処理する根尾昴

[拡大写真]

 第100回全国高校野球選手権大会は16日、3回戦4試合が行われ、報徳学園(東兵庫)、浦和学院(南埼玉)、済美(愛媛)、大阪桐蔭(北大阪)が準々決勝へと進出した。「ビッグ3」として前評判が高かった大阪桐蔭の根尾昂内野手(3年)、藤原恭大外野手(3年)、報徳学園の小園海斗内野手(3年)は揃ってベスト8に駒を進めたが、プロ野球のスカウト陣は、なかでも根尾を大絶賛。「二刀流」だけでなく、前代未聞の仰天プランを描くスカウトまで出現した。根尾の“NEOプラン”とは――。 

 大多数のスカウトは「やっぱり根尾、藤原、小園の3人は別格。ドラフト1位か外れ1位で消えるのは間違いない」と口を揃える。阪神・畑山俊二チーフアマスカウトは「スカウトは潜在能力と発揮能力を見る。潜在能力があってもそれを発揮できるかどうかの見極めが大事。それはプロで鍛えてできるものでもない。根尾、藤原、小園は下級生のときからそれができている。それを持ってる子は早くから活躍できる」と太鼓判を押す。

 その3選手の中でも根尾は群を抜いている。中学時代はスキーの全国大会で優勝するなど、卓越した身体能力を持っており、本格的に野球に打ち込んだのは高校からとあって、楽天・仁村徹スカウト副部長は「スキーをやったり、他の選手と比べてちゃんと野球をやってこなくて、これだからね。去年の夏、今年の春、夏と見てきて守備やピッチングとかの成長はものすごい。投手にしろ、野手にしろ、このままどっちかをやり込めば、どこまでいくのか分からない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【高校野球】ドラ1候補ビッグ3でプロスカウトが絶賛 大阪桐蔭・根尾の“NEOプラン”」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!