3

【高校野球】済美のエース山口直 敗戦にも「ありがとうという気持ち」

2018年8月20日 17時24分

5回、石川(奥)に2点打を浴びた済美・山口直

[拡大写真]

 第100回全国高校野球選手権大会第15日(20日、甲子園)、準決勝第2試合で済美(愛媛)は大阪桐蔭(北大阪)に2―5と逆転負けし、決勝進出はならなかった。

 先制したのは済美だった。2回無死一、二塁、先発も務める6番・山口直が適時打。しかし4回に逆転を許す。5回に積極的な走塁で相手のミスを誘い追いつくも、直後に3点を奪われた。山口直の力投でこれ以上引き離されなかったが、反撃もできなかった。

 エース右腕・山口直は準々決勝でリリーフに回ったことを除けば、愛媛大会から先発で投げ続けた。「悔しいよりも、ありがとうという気持ちが強い。すごく楽しかった。チームメートには支えてくれてありがとうと言いたい」とすがすがしく語った。

 中矢監督は「この夏は大黒柱のエースとして山口はよく投げてくれました。このチームは日々成長を感じられるチームでした。負けてこんなことを言うのはあれですが、よくやってくれた」とねぎらった。

 山口直は甲子園で607球を投げた。「この経験を生かしていきたい」と次なるステージを目指す。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【高校野球】済美のエース山口直 敗戦にも「ありがとうという気持ち」」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    見事なピッチングを見せてくれましたね。身体が小さくても異常に早いボールが無くても、勝っていった。気持ちが立派だったと思います。

    2
  • 匿名さん 通報

    膝に怪我をした試合では、治療して交代するかと思ったら、そのまま延長戦まで投げぬき勝利しましたね。明らかに痛そうな脚でも、マウンドでは痛そうな顔をせずに。驚きました。

    2
  • 匿名さん 通報

    607球かよ。多過ぎだよな。桐蔭と当たった時は体もボロボロだよな。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!