0

【MLB】ヤ軍ファン激怒のリスクも…米名物記者が大谷を新人王に再推薦「歴史的存在」

2018年9月14日 21時19分

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

[拡大写真]

敏腕ヘイマン記者が大谷を新人王の推薦理由を列挙

 右肘靱帯に新たな損傷が判明しながら、指名打者として大いなる活躍を続けているエンゼルス大谷翔平投手。規定打席には届かないが、現地13日終了現在、打率.294、19本塁打、54打点と優秀な成績を残している。新人王争いの有力候補に浮上する中、名物コラムニストは大きな反発を呼ぶリスクを覚悟しながらも、「オオタニこそ新人王だ」と再び断言している。

 断固たる決意をにじませたのは、米スポーツ専門メディア「ファンクレッドスポーツ」のジョン・ヘイマン記者だ。かつてはNYの地元紙「ニューズデイ」で記者を務めており、ヤンキースファンの“熱さ”は誰よりも熟知している。その上で、「ヤンキースファン(とその他ファン)が激怒するリスクもあるが、ショウヘイ・オオタニこそ新人王だと私が考える数多くの理由」とツイッターを更新し、自身の記事を紹介した。

 ツイートには米スポーツ専門メディア「ファンクレッドスポーツ」で自ら執筆した記事も紹介していた。

 以前にも「大谷こそ新人王」と猛プッシュしていたヘイマン記者は、“大谷推し”の不屈の魂を見せている。記事では、ヤンキースのアンドゥハーやトーレス、レイズのウェンドルが素晴らしいシーズンを送っているとしながらも、「ショウヘイ・オオタニこそ本当にスペシャルなシーズンを送っている」と指摘。揺るがぬ“大谷推し”のヘイマン記者には「イカれてる」など、ひどいコメントも寄せられたというが、大谷の活躍は「前例のないこと」だとし、その論拠を並べた。

「【MLB】ヤ軍ファン激怒のリスクも…米名物記者が大谷を新人王に再推薦「歴史的存在」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!