0

西武・菊池が通算1000投球回達成 名コンビ炭谷に感謝「成長させてくれた」

2018年9月22日 09時16分

西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】

[拡大写真]

足元ぬかるむ悪条件もフォーム微調整で13勝目

■西武 7-4 ロッテ(21日・ZOZOマリン)

 西武の菊池雄星投手が21日の敵地ロッテ戦で、エースたる姿を見せつけた。試合前から降り続く雨でぬかるむマウンドに初回は苦しみながらも、クイック気味にフォームを修正するなど能力の高さを示し、7回110球で4失点とし、今季13勝目(4敗)を挙げた。

 初回に味方打線が3点先制も、その裏に先頭の平沢に四球、三木に死球と連続で歩かせ、井上の三塁打などで同点に追いつかれた。「5点目が2回の表に入り、絶対逆転されてはいけないという気持ちで投げた。真っすぐが久しぶりにキレて、気持ちよく三振を取れた」と、2回1死から4連続を含む9奪三振。あと3回1/3に迫っていた通算1000投球回も4回に井上を空振り三振に斬って達成した。

 初回の失点後、「気持ちを切らすな」と女房役の炭谷銀仁朗から檄を飛ばされ、気合を入れ直した。「正直1000投球回は試合前まで知らず意識しなかったが、(その間)ずっと銀さんとやってきた。ここまで成長させてくれたことを感謝している。この9年間いろいろ経験してきた。ストライクを取ることで精一杯の時期も長かったが、心技体やっと定まってきた」と菊池は振り返る。

 マジックは1つ減って8。次回登板は27日から本拠地で迎えるソフトバンク3連戦となる模様。「勝つしかない。今年1年の全ての思いを次の試合にかけたい」と力強かった。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「西武・菊池が通算1000投球回達成 名コンビ炭谷に感謝「成長させてくれた」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!