0

440万円投手が健闘、高年俸選手が苦戦…12球団コスパNo1助っ人は誰だ【パ編】

2018年10月12日 21時15分

途中加入で優勝に貢献した西武のデュアンテ・ヒース【写真:荒川祐史】

[拡大写真]

10年ぶりVの西武はシーズン中入団の助っ人が大きく貢献

 2018年のプロ野球はレギュラーシーズンがほぼ終わり、セパ両リーグで13日の1試合ずつを残すのみとなった。同日にはヤクルト対巨人、ソフトバンク対日本ハムのクライマックスシリーズ・ファーストステージが初戦が行われ、ポストシーズンの戦いが始まる。

 143試合を戦い抜いた各球団。今季も数多くのドラマが起きたプロ野球だが、球界を盛り上げてくれたのが助っ人外国人の存在。各球団で重要な役割を担った選手もいれば、開幕前に寄せられた期待ほどの結果を残せなかった選手も……。そして、シーズン中に入団し、救世主のごとく活躍した選手もいる。

 はたして、今季プロ野球界でプレーした選手で、最もコストパフォーマンスに優れた助っ人はどの選手だろうか。今季の各助っ人の推定年俸と成績を振り返ってみたい。今回は西武が10年ぶりに優勝したパ・リーグ編。全助っ人の成績は以下のようになる。

◯西武(計7人、8億8605万円)
カイル・マーティン(3300万円)
22試合2勝1敗1セーブ10ホールド 21.2回 防御率2.08

ファビオ・カスティーヨ(1億260万円)
20試合7勝4敗3セーブ1ホールド 74.1回 防御率4.48

ブライアン・ウルフ(1億2000万円)
14試合4勝4敗0セーブ0ホールド 66回 防御率4.77

デュアンテ・ヒース(1925万円)
42試合4勝1敗13セーブ9ホールド 39.2回 防御率2.50

ニール・ワグナー(9120万円)
36試合2勝1敗1セーブ9ホールド 32回 防御率4.22

郭俊麟(2000万円)
3試合1勝0敗0セーブ0ホールド 15.2回 防御率6.32

エルネスト・メヒア(5億円)
82試合212打数45安打9本塁打21打点 .212 出塁率.282

◯ソフトバンク(計7人、14億9500万円)
アリエル・ミランダ(4000万円)途中加入
8試合6勝1敗0セーブ0ホールド 47.2回 防御率1.89

リバン・モイネロ(5000万円)
49試合5勝1敗0セーブ13ホールド 45.2回 防御率4.53

リック・バンデンハーク(4億円)
23試合10勝7敗0セーブ0ホールド 138回 防御率4.30

デニス・サファテ(5億円)
6試合1勝0敗5セーブ0ホールド 6回 防御率3.00

ロベルト・スアレス(5000万円)
11試合1勝1敗0セーブ3ホールド 10回 防御率6.30

ユリスベル・グラシアル(5500万円)
54試合185打数54安打9本塁打30打点 .292 出塁率.347

アルフレド・デスパイネ(4億円)
116試合407打数97安打29本塁打74打点 .238 出塁率.333

オリはアルバース、楽天はハーマン、宋家豪が活躍

◯日本ハム(計5人、8億円)
マイケル・トンキン(1億2000万円)
53試合4勝4敗12セーブ20ホールド 51回 防御率3.71

ニック・マルティネス(2億円)
25試合10勝11敗0セーブ0ホールド 161.2回 防御率3.51

ブライアン・ロドリゲス(5000万円)
9試合3勝2敗0セーブ0ホールド 37.2回 防御率5.26

オズワルド・アルシア(1億3000万円)
89試合284打数63安打14本塁打43打点 .222 出塁率.315

ブランドン・レアード(3億円)
120試合450打数105安打26本塁打65打点 .233 出塁率.309

◯オリックス(計5人、7億2920万円)
アンドリュー・アルバース(1億170万円)
19試合9勝2敗0セーブ0ホールド 114回 防御率3.08

ブランドン・ディクソン(2億円)
18試合4勝6敗0セーブ0ホールド 99回 防御率3.55

ドン・ローチ(3000万円)
11試合2勝3敗0セーブ0ホールド 50.1回 防御率5.01

ステフェン・ロメロ(2億8750万円)
119試合443打数105安打25本塁打63打点 .237 出塁率.313

クリス・マレーロ(1億1000万円)
68試合219打数44安打11本塁打26打点 .201 出塁率.282

◯ロッテ(計5人、3億5860万円)
チェン・グァンユウ(2160万円)
24試合0勝1敗0セーブ1ホールド 41.1回 防御率3.92

エドガー・オルモス(6700万円)
2試合0勝2敗0セーブ0ホールド 7回 防御率7.71

マイク・ボルシンガー(9000万円)
20試合13勝2敗0セーブ0ホールド 117.2回 防御率3.06

タナー・シェッパーズ(9000万円)
25試合1勝3敗1セーブ9ホールド 37.2回 防御率4.54

マット・ドミンゲス(9000万円)
37試合84打数16安打7本塁打16打点 .190 出塁率.269

◯楽天(計7人、6億440万円)
フランク・ハーマン(1億円)
47試合2勝3敗18セーブ12ホールド 45.1回 防御率1.99

宋家豪(440万円)
39試合5勝3敗0セーブ6ホールド 40.2回 防御率1.77

ジョシュ・コラレス(600万円)
1軍登板なし

ゼラス・ウィーラー(2億円)
106試合368打数99安打15本塁打58打点 .269 出塁率.337

ジャフェット・アマダー(6000万円)
62試合212打数57安打20本塁打42打点 .269 出塁率.338

カルロス・ペゲーロ(2億円)
88試合309打数72安打17本塁打44打点 .233 出塁率.316

オコエ・ディクソン(3400万円)
22試合57打数10安打1本塁打3打点 .175 出塁率.217

 パ・リーグでは、セ・リーグのフランスアやソト、ガルシア、アルモンテのような、驚くほど“格安”で大活躍した助っ人は少ない。

「440万円投手が健闘、高年俸選手が苦戦…12球団コスパNo1助っ人は誰だ【パ編】」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!