巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

東京ドームの一席110万円に座る

(上)110万円のシート。この感動を忘れない(中)これがスイートルームだ!(下)芝の感触も味わっておく

東京ドームの中をガイド付で案内してくれる見学ツアーがあるのをご存知だろうか。コースには「スタンド見学コース」「グラウンド見学コース」の2種類があり、どちらも普段なかなかお目にかかれない場所を見ることができるという。

今回私が参加したのは「スタンド見学コース」。

まずは3階のスタンドへ。周りに人のいないスタンド席っていうのもなかなか不思議。実は阪神ファンだというガイドのお姉さんの説明によると、東京ドームのグラウンドは地上より、5.5m掘り下げて作られているらしい。近くにある小石川後楽園の樹木に当たる日光を少しでも妨げないように、と配慮されてのことだそうだ。なるほどー!

次に2階席へ。さっき座った3階の席とはシートからして違っていて、座り心地がとてもいい。なんでもこの席は年単位の契約で売られており、1席につき110万円ほどするそう! 1秒でも長く座っていたい…。2階にはさらにスイートルームという個室もあり、部屋の外から中の様子を覗くことができた。5、6人用というこの部屋、気持ち良さそうなソファーが並び、大きめのテレビも備え付けられている。こちらも年間契約で、正確な価格は公表されてないらしく、およそ3000万円から5000万円とのこと。簡単に2000万円の開きが出るあたりが人生ゲーム感覚。

実際に使われているのと同じ人工芝やホームベースなどに触れる体験コーナーと、東京ドームの沿革をまとめた映像を見たあと(東京ドームの愛称「BIG EGG」が「BIG Entertainment & Golden Games」の略だったことをここで知る)、1階席へ。丁度、実業団野球の試合が行われる直前で、バックネット裏から練習風景を間近に眺める。久々に野球が見たくなってきた。

ツアーの最後は、ドーム内と外との気圧差を体験。入場者が普段出入りする回転扉ではなく、鍵のかかった普通のドアから外へ。気圧差によって生まれるものすごい強風が背中を押してきて、ロケットダッシュでさようなら東京ドーム!

「東京ドーム見学ツアー」の行われる日時は不定期なので(「スタンド見学ツアー」はだいたい毎日やっているようだ)、興味のある方はホームページで確認してみてください!(スズキ ナオ)

他にもこんなコネタがあります

2004年10月9日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!