巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大通りをトラムが走る!? 池袋の未来予想図

(上)10年後には懐かしい風景になるかもしれない現在のグリーン通り(下)早くもすすけた「空想図」

池袋といえば、子どもの頃ならサンシャイン60とキンカ堂(手芸部だったので)、最近では『池袋ウエストゲートパーク』のイメージがいまだ抜けきらないのだが、その池袋が、これからすごいことになるらしい。

ちまたで話題の『東京・首都圏 未来地図』。この本の中で、現在進行する東京のさまざまなプロジェクトのなかでも「もっとも大がかりなもののひとつ」としてあげられているのが、池袋の再生プランなのだ。

とくに大きく変わるのは、東京メトロ東池袋駅とサンシャイン60にはさまれた東池袋4丁目地区。ここには5年後をめどに、サンシャイン60に次ぐ超高層マンションや芸術文化施設が誕生するらしい。そして目玉は、このあたりと池袋駅をつなぐ足としてグリーン大通りに登場する予定のトラム! ヨーロッパなどで導入されている次世代型ハイテク低床式路面電車(LRT)を、日本で初めて実現させようというのだ。

今はまだ、街路樹があるとはいえ排気ガスが気になるし、駅とサンシャインの間を人が「移動」してるだけで、あまり「散歩」って感じじゃない池袋界隈だが、カッコいいトラムが走ればかなり街の雰囲気もかわるかも?

ところで、グリーン大通りを歩いていたら、植え込みにトラムの「空想図」を発見。未来を空想した夢いっぱいの絵のはずなのだが、ホコリですすけてる上に、このあたりを根城にするおじさんたちの荷物で隠れがちに。ドメスティックなパワーに押されがちな「空想図」に、ホントの池袋の「未来予想図」を見てしまった気がするのだが……がんばれ、トラム!(矢部智子/アンテナ)

2004年10月11日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!