巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本で一番早く初日の出が見られる「清澄山」

12月18日、郡山海岸での日の出を撮影。

年の瀬が迫ってきた。一年が過ぎるのはホントに早い。大晦日から元日にかけてはいろいろなイベントがあるけれど、忘れちゃならないのが「初日の出」だ。縁起ものだし、人より少しでも早く見たい。

日本で一番早く初日の出が見られるのはどこ? ということで調べてみると、千葉県銚子市の「本州の平地で一番初日の出が早い、犬吠埼」が見つかった。初日の出スポットとしては超有名なところ。初日の出の時間は、東へ行くほど、そして、南へ行くほど早い。千葉県は日本の南東の端にあるので、一番になる、というわけ。

ここで満足せず、もっと早いところはないか、と探してみた。と、出てきたのが、ここ「清澄山」。標高377m、房総半島にある千葉県で2番目に高い山。極真空手発祥の地としても知られる。日の出は高いところへゆくほど早い。377mという高さが効いて、清澄山では犬吠埼より2分だけ日の出が早いのだ。6時44分。

「山」って書いてあるけれど、歩くのは15分くらい。普通の人でも簡単に行ける。懐中電灯と防寒着を忘れちゃあいけない。山中には「清澄寺」というお寺があって、元日の朝には、日の出にあわせたイベントがあるようだ。マイカーが便利だけど、JRの安房鴨川駅や安房天津駅からタクシーでも行ける。朝早いから、予約しといた方がいいかも。

海上保安庁のホームページを見ると、日本で本当に一番早いのは、東京の南東約2000kmにある、南鳥島という小島。気象庁や自衛隊の施設があるけれど、民間人は行けない。本州でも、本当の一番は富士山頂らしいけど、相当な冬山訓練をしないとダメ。普通の人がお手軽に、って考えると、清澄山が一番みたいだ。(R&S)
関連キーワード

2004年12月27日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!