巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

バレンタインデーは“おしゃべリボン”で差をつけよう!

“おしゃべリボン”の様々な用途例。

さて、バレンタインデーも近づいてきたところで、ドキドキワクワクしている人も多いのでは?そこで、今年はちょっと他の人と差をつけたい、スペシャル感を出したい、なんて人にオススメのアイテムが!

その名も“おしゃべリボン”。
ネーミングもナイスなこのアイテムは、リボンにオリジナルのメッセージをオーダーメイド印刷できるというもの。自分のためだけにオーダーメイドしてくれたと知ったら、もらった人はきっと嬉しくなること間違いなし!

さっそく、“おしゃべリボン”を企画、販売している矢地繊維工業株式会社、 おしゃべリボン担当の横山さんにいろいろと聞いてみた。

すると、最初は、プレゼントをあげるときに、カードの代わりにメッセージがリボンに書いてあったら面白いのではないか、といった発想から始めたらしい。でも、やがてはお客さんの方からも、様々なアイデアを提案してくれるようになったという。

現在、最も多いオーダーは、ジャニーズや宝塚など、大好きなスターへプレゼントするためのメッセージ入りリボンとのこと。また、個人でネットショップを経営している人がオリジナルのタグを作ったり、手作りケーキやクッキーのラッピングする際に、本物のお店っぽさを演出するためにリボンに名前を入れたり、生まれた子どもの名前を入れたリボンでストラップを作ったり、ワンちゃんの洋服に名前入りのリボンをつけたり、迷子になったときの為に住所や名前を入れたり……などなど、その用途はますます増えているのだとか。

ちなみに、“おしゃべリボン”を発注するお客さんの90%が女性で、30代が多いらしい。また、シャイな男性の場合は、口で伝えるのが恥ずかしいからと、結婚記念日にメッセージを入れたリボンをオーダーする人が結構いるという、微笑ましいエピソードも。

さらに、「バレンタインデーに、彼へのメッセージ入りリボンでチョコをラッピングして渡したら、とても感激してくれて、そのリボンも記念として捨てずに持っていてくれた」という嬉しい報告も過去、実際にあったとか。

“おしゃべリボン”は、好きな文字やロゴ、イラストが入れられて、リボンの色や幅、フォントも選べる。しかも消費税や送料なども込みで片面プリントの場合、3mで1300円からとリーズナブル。いろいろな使い道があって迷ってしまうけど、まずはバレンタインデーに試してみてはいかが?(田辺香)

他にもこんなコネタがあります

関連キーワード

2005年2月4日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!