巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「春一番」のホントの話

「春一番」と聞いて何を思い浮かべますか?

「1・2・3 ダー!!」……、それとも「雪がとけて川になって……」のキャンディーズのあのメロディ?
気象の世界では、立春以降春分までの最初に吹く強い南よりの風を「春一番」という。そしてキャンデイーズの歌詞どおり、南からの暖かい風は山々の雪を融かして雪崩を引き起こしたり、場合によってはそのふもとに洪水をもたらすほどに雪どけが進むこともある。

元来、「春一番」という言葉は漁師たちのもの。これにより春への季節の移り変わりを感じ、遭難からの身を守る戒めにしていた。気象庁によれば、その語源については、中部北陸地方以西の各地で昔から使われていた言葉からなど、諸説ある。

その中の1つ、長崎県郷ノ浦町では、安政6年(1859年)旧暦2月13日(新暦3月17日)に五島沖に漁に出た漁師53人が、春の強い突風にあい全員遭難した。このときから郷ノ浦の元居地区では、春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったとある。また、いまでは町内の岬に「春一番の塔」が建てられているとのことだ。それが、戦後、新聞などでも使われ出し広く普及したと言うわけだ。
そんなわけで、「春一番」という南よりの強い風は人によってそれぞれ感じ方があるのだが、それがお役所である気象庁の手にかかると、こんな条件がつけられてしまう。


(1)発表する期間は立春から春分までのあいだ
(2) 日本海に低気圧があること
(3)強い南寄りの風(風向は東南東から西南西まで、風速8m/s以上)が吹き
(4)気温が上昇すること


強い風と感じても、その時の風速が8m/sに達していなければ、また、春分を過ぎてしまっていては「春一番」ではないのだ。


「春一番が〜♪ 掃除したてのサッシの窓にぃ」
キャンディーズの微笑みがえしのような場面で、この風は風速8m/s以上かなんて誰も考えていないでしょう。
そんなウンチクは歌には必要ない。実感として「春一番かな?」と思うほど強い風なら「春一番」と呼んでもいいじゃないか。みんなの中に春一番はあるはず。こう思うのは私だけではないでしょう。

季節を感じなくなってきた現代人の生活。こんな時代だからこそ、マニュアルで定められた季節感ではなく、自身で感じる季節感を大事にしたいものだ。(でんでん)
関連キーワード

2005年2月23日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!