巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ADトレインはハウマッチ?

電車の中吊り広告を見るのは、電車を乗るときの楽しみの一つである。
中吊り広告、と一口に言っても、雑誌広告あり、書籍広告あり、不動産、ホテル、結婚式場、薬…ありとあらゆる広告が、電車の中にはある。

さて、今日も広告を見ようと電車に乗ると……あれ?
ここも、あそこも、どこも、同じ会社の広告である。
その電車全車両が同じ会社の広告なのである。
これが、「ADトレイン」である。

登場した最初こそ、もの珍しかった「ADトレイン」も、最近ではキャンペーンの一環として、あちこちで見られるようになった。
ところで、このADトレイン、いったいいくらで借りられるものなのであろうか?
「バーバラ・アスカ天才キャンペーン」(笑)は可能なのであろうか?!
バーバラは早速、ジェイアール東日本企画・広報部にたずねてみた。

まず、「ADトレインの価格はおいくらですか?」との問いには、
「掲出時期によって異なりますが、税抜きで、山手線で、半月15,100,000〜9,800,000円、中央線快速で半月4,429,000円になります」とのこと。

次にバーバラは「借りるのに、なにか条件があるのでしょうか?」とお伺いしてみた。
すると、
「AD(アド)トレインの特徴は、車内全体の広告を同じ広告主が使用するので、インパクトが強くなりますが、さまざまなお客様が乗り合わせる公共性の高い密閉空間なので、色やデザインなどが過激になり過ぎないように配慮をしています。」
ということだ。
「バーバラ天才! バーバラ天才!」などという過激なものはダメらしい。
確かに、あんまりくどい広告で全車両埋め尽くされていたら、不快だよなあ。

最後に「最近話題になったADトレインはありますでしょうか?」とたずねたところ、
「最近話題になったものは、ゴディバの"バレンタイン電車"、GAPの布を使った広告のADトレイン等があります」
とのお答えをいただいた。
ああ! GAPならバーバラも見ました! ジーンズ地が使ってあるとても素敵な広告でした。

というわけで、「バーバラ電車」を走らせるのは、金額的にも、条件的にもちょっと無理そう、なのである。
しかたがないので、いずれ大金持ちになったら「我が社」でADトレインを借りたいと密かな野望を企てているバーバラなのであった。うしししし。(バーバラ・アスカ)

2005年3月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!