巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

パパラッチだって追ってくれる! 金で買えるセレブ気分

テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」を見てた人なら、ニューヨークのクラブ事情と言えば、だいたい想像していただけるでしょう。ホットでエッジなクラブほど敷居が高い。ほれドレスがダサイだの、リストに名前が載ってないだの、今日は貸し切りだから一般人はダメだの、ほんっとにうるさい。赤いベルベットのロープで仕切られたドアの向こうには、ナイトシーンのゴッドやセレブ達が、取り巻き達とばか騒ぎをしているのだと思うと、悔しいやらうらやましいやら。複雑な気持ちで1時間立ちん坊で待たされることしばしば。

地獄の沙汰も、否、ニューヨークの街も金次第。セレブの気分でクラブで豪遊ができる! パーティー・エスコートサービス「パーティー・バディズ」が話題です。

まず基本は一晩エスコートがついて、全てアレンジしてくれるというサービス。 リムジンでクラブまでの送迎から、VIP席 への誘導、はやりのカクテルのオーダー、リクエスト曲の手配等様々。あなたはVIP席に座って、指一本で全て思いのまま。一人350ドルから。

更にセレブ気分を味わいたい人は、マイク・タイソンばりの強面のボディー・ガードを付けることができる。押すな押すなの人ごみの中を、ボディー・ガードの兄ちゃんがあなたを守ってくれる。気分はホイットニー・ヒューストン(古っ)。一時間45ドルから。

で、セレブと言えば無くてはならないのが、パパラッチ。プロのカメラマンが、バシバシフラッシュ炊いて、あなたの羽目を外した姿を撮りまくります。250ドルから。

同伴のお友達には、あなたの写真をジャケットにしたヒットチャートCDを事前に用意して配り、サインをねだってもらう演出も心憎い。12枚250ドルから。他にもすごいサービスをこみこみでパッケージにした特別サービスは、1200ドルから。

主にニューヨークに観光にやって来た若い個人グループや、特別な記念日を祝う人の他に、弁護士や会計士等、普段はお固い仕事のビジネスマンからの依頼も多いのだそう。ストレスたまってそー。

せっかくだからニューヨークのエッジなクラブで遊びたいけど、なかなか…という日本人にもうってつけ。ちょっと高いのが難点ですが、日本の銀座でも座るだけで、ン万円という世界もありますし、やっぱりものを言うのはお金よね。再認識。(チン・ペーペー)

他にもこんなコネタがあります

2005年6月13日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!