巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

観光地の真ん中に発見、大阪の「日本一低い山」

「日本一低い山」に、確かに登ったという「登頂証明書」をゲット。

以前、日本で一番低い山の記事があったが、実は大阪にも「日本一低い」山は存在する。
場所はUSJや海遊館などの観光スポットが集まる、大阪市港区。
頂上にある三角点を踏むべく、現地に向かう事にした。

整備された公園内に三角点があるとのことだが……これがなかなかたどり着けない。
とにかく高いところにあるはず! と高い場所を目指すと、そこには「ここは山頂ではありません」という、何とも親切なハズレ看板が。
結局、三角点は高い場所から下った茂みのすぐそば、少し分かりにくい場所に位置していた。
まさにここが日本一低い山、「天保山」である。

天保山が日本で一番低い山であるという根拠は、「国土地理院が発行している地形図に載っている」からだとか。
実際の高さは標高およそ4.5メートルで、運動不足気味の人でも気軽に登頂できてしまう山なのだ。
一見丘にしか見えない「山」だが、目の前に海が広がり眺望も最高。
江戸時代には茶店が設けられ行楽スポットだったとも言われており、今でも情緒は抜群だ。
訪れたのは非常に暑い日だったのだが数人の「登山者」の姿が見え、なかなか人気の山らしい。

なお、天保山山岳会に申し込めば「登頂証明書」を貰えるとの事なので、早速申し込んでみた。
届いた証明書には「その快挙を称えあなたを『いちびり精神』の持ち主であることを証明いたします」の一文が。
いちびりとは大阪弁で「お調子者」「ふざけている」という意味。
大阪らしい肩に力の入らない褒め言葉に、登ってよかったとしみじみ思える。
さらに山岳会会長からは「最低経験をされたあなたの将来には向上の途しか残されていません」と言われ、なるほどなあと唸ってしまった。

しかしこの天保山、一時期は地形図からその姿を消されるという騒ぎもあったらしく、けして平穏無事に「日本一低い山」を続けてきたわけではない。ちなみにそのときは、天保山を愛する人々の声が一斉にあがり、無事再掲載を果たした。
ごくごく小さな山だが、多くの人に愛されている山なのだ。
そんな「日本一低い山」から海を眺めて、ちょっとした登山家気分を味わうのもいいかもしれない。
(のなかなおみ)

2005年8月29日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!