巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

乗り物1回50円のレトロ遊園地

(上・中)るなぱあくの遊具類(下)これが50歳の木馬

子供の頃の遊園地で遊んだ思い出って、きっとみなさんにもあることでしょう。
今思えば、たいして大きくない観覧車や、のんびりしたジェットコースターでさえ、小さな身体にはオドロキの連続。ほくほくとほっぺたを紅くして飛び回ったことを思い出すんじゃないかな。

現在では、多くの遊園地がリニューアルされ、規模も大きくなり、乗り物は派手で、よりスリリングになったけれど、うーん、もうちょっとのんびりしててもいいんじゃないかなあ?

でも、探せば、まだ昔ながらの「遊園地」も、あるんです。
群馬県の前橋市に「るなぱあく」という遊園地があります。開園は昭和29年といいますから、もう50年が経っています。昨年(平成16年)全体的にリニューアルがなされ、それまでの「前橋中央児童遊園」という名前から「るなぱあく」に改められました。入場は無料です。
高さ14.5メートルの「ひこうとう」をはじめ、ウェーブスターライドというコースター、メリーゴーランド、まめ汽車など、コンパクトだけど、ゆるゆる楽しい乗り物。これらがなんと一回50円。11回つづりの回数券を買っても、500円というお値段です。
他にも、猿、熊、兎たちが間近に見られるプチ動物園。花壇に咲き誇る花や、大きな木。もちろん売店やイベントステージも完備です。
中でも一番私の目をひいたのは、一回10円の「もくば」です。この木馬、開園当時からあるというから、オドロキです。
どうもこれ、かの「ナムコ」の創業時代に作られたものらしく、本社にも残ってない大珍品だという話です。確かに古いけれど、ピカピカで、子供たちも大喜びで乗っていました(安いから父さん母さんも大喜び)。

時代は変わっても、子供の笑顔は変わりません。このるなぱあくの木馬は、それをずっと見てきたんでしょうね。
そして、これからもずっと。
(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)

2005年11月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!