巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

チョコバットで「阪神×ロッテ」第5戦に挑戦

チョコバットの主な原料は小麦粉。食べるとそれなりにおなかが満たされます。今回の「試合」、スコアは上の通り。ナイスゲームでした。

チョコレート駄菓子「チョコバット」。
これ、包装セロファンの裏側に、「アウト」「ヒット」「ホームラン」の文字がそれぞれ印刷されていて、アウトが“はずれ”、ホームランは“当たり”でもう一本。で、ヒットが補助券というか、4枚でベース4つぶん、すなわち1点獲得ということでホームランと同等の扱いになるシステムがある。
これ使って野球の試合、成立しないだろうか。いや、する。そう思い立ち、大量のチョコバットを購入してきた。

どうせなら、多少リアリティをもたせよう、05年日本シリーズの「阪神×ロッテ」でやろう。実際のシリーズは、ロッテ怒濤の4連勝だったが、阪神が今度こそ勝利できるか。やはりロッテなのか。ともかく、食らう。

スタメンは、シリーズ1戦目と同じということで。
阪神タイガース……赤星(中)、鳥谷(遊)、シーツ(一)、金本(左)、今岡(三)、桧山(右)、片岡(指)、矢野(補)、藤本(二)。投手は井川。
千葉ロッテマリーンズ……西岡(遊)、今江(三)、福浦(一)、サブロー(中)、里崎(補)、フランコ(左)、ベニー(右)、イ・スンヨプ(指)、渡辺正(二)。先発清水。
選手、審判、実況も解説もオレ。全部オレ。プレーボール。

先攻は阪神。まずは軽く1回表ぶん、3本サクっと食べる。アウトアウトアウト、あっという間にチェンジ。その裏ロッテも3者凡退、投手戦の予感がただよう。
オレルールとして、3度の食事は普通にちゃんととる。そして、開けたチョコバットは必ず食う。食べ物で遊んでも、祖末にはしませんよ。

2回表。金本、今岡が倒れツーアウトのあと、桧山が待望の初「ヒット」! ドンドンドン(仮想BGM)。しかし、続く矢野が凡退し、チェンジ。3回裏、ロッテの攻撃。先頭のベニーがヒットで出塁するものの、後続が3者凡退。昼食。

その後、仕事の合間に1本、洗濯しながら2本と、少しずつ「試合」を進行。投手戦なのか凡打戦かはしらんが、両チームノーヒット。スコアボードに「0」が並ぶ。「一発で試合が決まる」パターンか。晩めし。

7回表。「六甲おろし」をくちずさみながら、阪神の攻撃。鳥谷、シーツ、金本凡退。もし9回で決着つかなかったら……。さらに食うのか、オレ? 不安がつのる。

8回裏。先頭の里崎が倒れたあと、フランコに久々の『ヒット』。続くは、唯一ヒットを放っているベニー。
「ホームラン」! 劇的!! ガッツポーズ&小踊り。井川ショック! すげえ、すげえよベニー。ロッテ強ぇ!

こうなるとロッテはあれだ、抑えに小林雅を投入だ。阪神もどうにか意地を見せたい。
9回表。矢野、藤本と倒れツーアウト。代打を出すべきだったか。最後は赤星が倒れ、ゲームセット。

夜寝ちゃったりして、結局2日にわたったチョコバット野球でしたが、2−0でロッテの勝利。チョコバットのべ55本の激闘は幕をおろしました。
そして顔に吹き出物が。もう当分、食わん。
(太田サトル)

2005年12月8日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!