巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

緊急指令! 携帯電話を電波から守れ!

見事、携帯をヤツから守り抜いた勝者「アルミホイル」

「いつでも繋がればいいってもんじゃない!」携帯電話に対してこんな厳しい意見をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 少なくとも電源OFFの存在を知らない数少ない方々は共感してもらえると思いますが、私は知っています。じゃあなぜ電源を消さないのかと言われたら、それはプライド! 電源を消さずに圏外にしたい! タイトルを見て一瞬で気づいた方もいらっしゃると思いますが、今回もナンセンス企画でお届けします。果たして携帯電話を電波から守ることが出来るのか? 

今回の実験のテーマは「電源を消さずに圏外にする」コト。その為には電波を遮断する必要がありますが、服やカバンの中に入れても携帯が通じるという事は、ヤツ(以下、電波はヤツになりました)はかなりの強敵です。という事でこちらも強力な助っ人をいくつかご用意して応戦したいと思います。

最初の助っ人は「水」。携帯を袋にいれて「水」の中に沈める事に。着信音は「聖母(マドンナ)たちのララバイ」に設定。もしもマドンナが鳴り響いた場合、ヤツに負けた事になります。高鳴る緊張。いざ電話をかけてみると……?
「♪さぁ〜眠りなさい〜」
はい、バリバリ鳴ってますね。しかもちょっと水の反響でいい音になってるし。まぁ、まだまだ序盤。次の助っ人は「電子レンジ」の中。強力なマイクロ波を発するこの助っ人。かなり期待できますが果たして……?
「♪さぁ〜眠りなさい〜」
またヤツにやられました。予想通りかなりの強敵です。同様に冷蔵庫もあっさりマドンナされ、しかも冷やされ早くも3敗。先が思いやられます。ちょっと助っ人の方向性を変えて「膝の後ろ」ではさんでみました。これは”人体は電波を通すのか”という壮大なテーマにも通じます。いざ電話をかけてみると……?
「♪さぁ〜眠りなさい〜」
もう歌詞覚えますね、これは。人体でもヤツの攻撃は防げないのかよ。そしてダメもとでやってみた「白菜の間」、「パンでサンドイッチ」も続々マドンナされ、残るは「アルミホイル」。「水」の中でも「電子レンジ」の中でも「人体」の間でもやられ続けた今、もうかなり望み薄です。震える指で電話を鳴らすと……?
「おかけになった電話は〜」
やった! ついにやりました。ヤツを倒しました。ぶっちゃけ携帯電話を自力で圏外にするなんて無理だと思って始まったこの企画ですが、「アルミホイル」は見事ヤツから携帯を守ってくれたのです。

やっぱり疑問は実際にやってみるものです。やってみなければわからない。高校生時代、「どんな力かな? 」と思って竹内力を夜な夜な辞書で引いた事がありますが、その時初めて俳優だと知りました。きっと自分でやってみる事をしなかったら、今でも竹内力を免疫力などの類だと思っていたに違いありません。
(木南広明)

2005年12月12日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!