巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本を訪れた外国人で少ない国籍ベスト3!

こちらは1位バチカンの国旗。逆にぜひとも行ってみたい国でもあります

職場がある汐留付近を歩いていると、オフィス街から数多くの外国人ビジネスマンを目にする。そして銀座方面へ近づくと、今度は外国人観光客。そんな風景から国際化を実感する今日この頃だが、見ているとどうもアジア人が多そう。確かにニュースなどで発表されていた訪日外国人の人数では、近いからかアジアの国や関わりの深いアメリカが上位だったような……。
では一体、訪日人数が少ない国はどこで何人ぐらいなのか? 上位がわかるなら下位もわかるはず。ということで法務省に聞いてみました。

聞いてみると意外に簡単、法務省ではこのように日本を訪れた外国人の人数をデータで発表しているそう。最新で平成16年のデータが公表されているということで、早速そこから人数が少ない国を調べてみました。観光なのか、長期滞在なのかは別として、訪れた人数の総数から「日本を訪れた外国人で少ない国籍ベスト3」を発表したいと思います。

まずは3位、「赤道ギニア」で8人。赤道直下に位置することから名づけられたアフリカの国。外務省のデータによると、およそ北海道の3分の1の国土で人口は49.4万人、公用語はスペイン語。ココアやコーヒー、木材などの農林業や原油採掘などの鉱業が主要産業とのこと。それにしても3位で8人とは少なすぎます。

続いて2位は「コモロ」で6人。コモロ? 全く聞いたことがありませんがこちらもアフリカの国。東京都ぐらいの大きさで、人口は60万人。フランス語とアラビア語が公用語です。バニラ、丁字、イラン・イランなどの香料が主要産業とのこと。一体どんな国なのでしょうか? そしてコモロの家族はコモロファミリーなのでしょうか……、はい、続いて1位です。 

1位は「バチカン」で5人。ご存知、ローマ市内にありながら世界一小さな国として認められているこちらの国。なんと国土は、0.44平方キロメートル。日本の皇居よりも小さく、人口は792人。公用語はラテン語。カトリックの総本山で、国全体は世界遺産に登録されているそうです。

調べてみるとさすがベスト3、あまりの人数の少なさにビックリしました。そもそも人口が少ないというのもありますが、今後もっと国際化が進み、お互い行き来するようになればいいですね。

ちなみにもうすぐベスト3の国としては、「ギニアビザウ」「サントメ・プリンシペ」が共に13人、「コンゴ」が14人、「セントクリストファー」「ソマリア」が15名とあと一歩の結果。それにしても、ほとんど名前を聞いたことがないのは筆者だけでしょうか。
(木南広明)

2006年5月6日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!