巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ヒマ人流? ドラマの「逆・青田買い」

こんな感じに、仕事するパソコンの向こうには再放送ドラマ、という日常です。

一日中、家でテレビつけっぱなしで仕事してたりすると、思いがけない出会いがある。
それは、午前10時頃と夕方のドラマの再放送だ(首都圏)。

子役や端役時代から目をつけ、熱心に成長を追うディープなドラマウォッチャーと、今回提唱する「再放送ドラマ」の見方は逆。いま主役をはってたり、注目されている人たちが、意外なところで登場しているのを発見すると、やたら嬉しい。最近やった再放送ドラマの場合は……。

まずは、深津絵里と常盤貴子主演の『カバチタレ!』(2001年)。常盤貴子の弟役として山下智久が出ていることは有名だが、他には、山下の彼女に香里奈。山田優もちょい役で出演。常盤貴子が「売られた」温泉宿の先輩には、薄幸役をやらせたら右に出る者のいない木村多江! さらに、すごく若くて細い妻夫木聡がコンビニの店員役で出ている。第4話には『西遊記』『医龍』などに出演している水川あさみも登場。ちなみに彼女は『踊る大捜査線』第3話で、ひったくりにあう役としても登場している。

続いて、『ランチの女王』(02年)。堤真一、江口洋介、妻夫木聡、山下智久の4人兄弟+竹内結子の豪華キャストは当時から話題だったが、妻夫木の友人のチャラ男役に瑛太(当時はEITA)、山下の同級生役に鈴木えみ。『カバチタレ!』ともに、豊原功補がチョイ役で登場している。

菅野美穂主演の『愛し君へ』(04年)でなんといっても注目なのは、11代目リハウスガールで、『女王の教室』『小さき勇者たち〜ガメラ〜』にも出演した夏帆ちゃん。彼女は入院患者役で登場しているのだが、かよわそうな可愛さはあまりに似合いすぎている。
『きみはペット』(03年)では、松本潤のモト彼女役が石原さとみちゃん、2人の友人役に、瑛太。小雪が思いを寄せるエリート役は田辺誠一だが、その田辺も、たびたび再放送する『ずっとあなたが好きだった』(92年7月〜)では、坂井真紀とともに高校生役を演じている。
さらに、注目だったのは『科捜研の女2』(00年)で、沢口靖子を「おばちゃん!」と呼ぶ神木隆之介くん。『妖怪大戦争』の主演などで知られるが、このドラマのときは7歳で、少女のように可愛い。

番外編として、出世魚の多さで知られるのは、深夜にときどき再放送する『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』(00年)。窪塚洋介、坂口憲二、妻夫木聡、佐藤隆太、山下智久、小栗旬という豪華な顔ぶれが登場しており、ついでに小栗は『GTO』(98年)のイジメられっこ役でもあった。
『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』(02年)には窪塚洋介、妻夫木聡、山下智久、山田孝之、香里奈、鈴木えみ、水川あさみが登場。

80年代などは、昔のドラマや子供番組の再放送から「え!? 小林稔侍がかつてこんなおかしな宇宙人役を!?」的な発見をする楽しみ方があったが、最近の場合は、華やかな役者さんたちの意外に地道な経歴や、端役の頃から光るモノを再確認するという楽しみがある。この時間帯に観られない方、ビデオでチェックしてみては?
(田幸和歌子)

2006年7月5日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!