巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

シカゴ開催の「ゲイのオリンピック」に行ってきた!

(写真上から)開会セレモニーの模様(上2枚)
(c) photo by Judy Rolfe for Gay Game 7
(c) Photo by John Faier for Gay Game 7
競技種目のひとつ、シンクロナイズドスイミング
(C)Photo by RVJ Studio for Gay Game 7
札幌から日本人選手の応援にかけつけたという成田さんとなおちゃん。「ららつー(LaLaToo)」のウェブサイトはコチラ

昨年このBitで紹介したゲイゲーム(ゲイオリンピック)だが、シカゴで先週一週間開催され、興奮も冷めぬ間に幕を閉じた。
オリンピック同様、4年に一度行われるこのゲイゲーム、今年はシカゴが開催都市でアメリカ国内はもとより、65カ国から合計約1万2000人の選手が参加し、サポーターを含めると10万人が集まった。
日本人選手チームを応援しようと、かなりの競技に顔をだしたのだが、残念ながらスポットできずじまいだった。というのも、団体競技なら見分けもつくのだろうが、個人競技や個人参加が多かったのだろう、事務所も細かくは把握できていないようだった。

札幌から日本人選手を応援に来た、という成田さんとなおちゃんに出会い、
「もっと日本人が参加してくれているものだって信じて来たのに、残念だわ」
「バレーは、日本内でもたくさんのゲイチームがあるから、バレーは良い所まで行くかな? って思ってたのに」
と、他国と比べ日本人勢の元気のなさにガッカリしているようだった。
最近の日本も多少ではあるが、ゲイやレズビアン、トランスジェンダーやバイセクシャルな性的少数者に対して、寛容になってきているような感じはするものの、普通に仕事をしていたら「ゲイオリンピックに出場するので一週間仕事休ませて下さい」なんて言えるような会社は少ないのではないだろうか。
そんなことにはお構いなしな、なおちゃん。普段は札幌でもダントツ人気なニューハーフのショーパブ「ららつー(LaLaToo)」で働いているという。お休みとれて良かったね、と言うと「そうなの、社長(成田さん)さんに承諾してもらったのよ」と嬉しそうに答えてくれた。

後でわかったのだが、水泳リレーには日本人チームとして参加があり、個人フリースタイルでは6位と11位に入賞していた。ゴルフでも個人で参加した人がいたそうだ。応援がなくとも日本からはるばる来てゲームをする。とっても侍的な日本人選手たちなのだ。侍ブルーのW杯の応援とまではいかないが、応援をしてあげたかった。

次のゲイゲームは2010年、ドイツのケルン(コロン)で行われるらしいので、日本のゲイ諸君、サポーターの皆様、今から体作りとお金を貯めましょう!
(シカゴ/あらた)

2006年7月29日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!