巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「大人買い仕様おみくじ」遭遇記ですヨ

何年ぶん相当なのか分からないぐらい大量のおみくじが、一瞬で手元に。多人数でひきっこするもよし、毎朝1回ひいて、1日の過ごし方の指針にするもよし。

雑貨店のパーティグッズコーナーで、にぎやかな商品に混じって、地味なたたずまいをみせる商品がぶらさがっていた。

それは、「おみくじ」。そう、神社などでひく、あの紙製の、普通の「おみくじ」。それが、50枚ひと袋という状態でビニール袋に入れられ、フックにかけられ売られているのである。
ジャラジャラポンやって、出た番号を出してもらう式のではなく、箱に手をつっこんで選んでひく式の、小さく折り畳まれてノリづけされてるやつ。それが50枚1セット。
いつからおみくじは、パーティグッズになったのか。てか、セット買いできるのか、おみくじ。

おみくじが売られていたのは、ビンゴカードとかが置いてあるところ。商店街の福引きとかでよくある三角くじも、同じところにあったので、なんとなく「くじびきつながり」商品という扱いっぽい。
「おみくじ」(50枚・472円)と、「花みくじ」(50枚・525円)の2種が売られていて、運勢と「あなたの花&花ことば」のついた「花みくじ」を1セット買ってみた。

で、開封。「小吉」。「あなたの花は つばきです/花ことば=運命は天にまかしなさい」と書いてある。「自分では気がつきませんが控え目な魅力が備わっています(中略)自分の心に忠実に従って運を天に任せましょう」とのことだ。願いごとも、「天命に任せ」だそうで、「小事は叶う」。恋愛「魅力ある人に会うが 情熱が足りません」。なんか中途半端な運勢だな。
次、「吉」。「ブーゲンビリア/花ことば=熱情」。「激情の嵐に身を任せてはいけません」と、今度は控えめから熱い運勢になっちゃいました。就職「焦ったら失敗する」、デイト「穏やかな人と交際せよ」、結婚「熱情に任せずすすめよ」。ふーん。

そんな感じに次々ひいていって、50枚。いいのが出ても、悪いのが出ても、はい次、はい次、と、ありがたみ皆無。そもそも神社とかだって、こうやってまとめ買いしたものを出しているわけだから、同じことか。
いちおう内訳。「大吉×10、吉×10、中吉×15、小吉×9、末吉×6」、ダブりなし。中吉が多いな。で、このおみくじは凶が1枚も入ってない。だからなんだという感じではあるが。

一応お店の人に聞いてみたところ、神社の人が買いにくるというわけではなさそうで、普通の人が買うっぽい。でも、宴会やパーティで、集まったひとに、おみくじ配るのもなんかアレだし、飲み会で、「イエーィ、オレ大吉!」とか引きっこするのもなあ。

おみくじひきたおして、気になっているのは、このおみくじ、どう処理したものか、ということ。
まとめて売られていた、ありがたみ皆無の単なる印刷物。それでも、どことなくゴミ箱に直行というのも罰あたりな気もしないでもないし。
どうする。
(太田サトル)

2006年9月11日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!