巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

料金300円、時間は20秒の「人相占い」

20秒で出てきた「人相術」の結果は、こんな感じでした。

先日、スピード写真を撮った際、「証明写真か人相術占いから、ご希望のメニューをお選びください」とアナウンスされた。
人相術占い!?
見ると、300円で写真を撮り、それをもとに日本占術会会長・浅野八郎氏が人相を占ってくれるのだという。

これは「美白になる」と評判の『Ki-Re-i』というスピード写真機で、通常の証明写真が700円。1000円札を入れて、ちょうど「お釣り分」でできる値段設定のよう。うまい商売ではある。
人相占いというと、よく本などでは、ホクロの位置や鼻のかたち、目のかたちなどによって、「小鼻のふくらみは欲の深さをあらわし……」といった具合に、説明されるケースが多いが、写真から、自分の顔についてああだこうだ言われてしまうわけだから、それだけでへこむ可能性もある。

さて、どのように占われるのか。
アナウンスに従い、イスの高さを調製して目の位置、鼻の位置をあわせ、ボタンを押した。ここまではスピード写真を撮るのと同じである。
その後、アゴの位置を確認すると、「20秒ほどお待ちください」というアナウンスが。
え! それだけ!? 
でも、本当に、20秒程度で、結果はプリントアウトされてきた。

「辛いことや多少の障害も、プラスの運に変えていける人」。さらに詳しい説明が下に続く。
「トラブルに直面しても、冷静に対応し、かつその問題を今後に活かそうと失敗から学ぶ努力も惜しみません。順応性もあり、コミュニケーション能力も長けています(以下略)」
辛い、障害、トラブル、問題、失敗……うーん、我ながら、見事にネガティブワードのオンパレード!
ただし、具体的に「鼻は」「目は」などの説明が一切ないので、どの部分がどうなのはわからない。

「もしかして、コンディションなどによっても、違う結果が出る?」と思い、後日、眉毛だけかいた、ほぼすっぴん状態で再挑戦すると……。
「あなたは細かいことまで気をまわすことができます」。具体的な説明は、
「神経が細やかで、失敗をしないように常に心がけて行動するので、大きな失敗はしないでしょう。いわれたことを正確にこなす才能に恵まれていますのであらゆる場面で重宝されます(以下略)」
とあった。
これはこれで、地味! まぁ、確かに派手な顔でも、派手な人生でもないけどな。しかも、1回目とはまったく違う判定結果なのは、ほぼすっぴんのせい?

ちなみに、この「人相術占い」は、2004年11月に始まったもので、「証明写真『Ki-Re-i』で撮影した顔写真をもとに、独自の顔画像認証アルゴリズムにより210種類に及ぶパターンに分類」という。

自分の顔のどんなところが、どんな性格・運勢を示しているのかは謎だが、おみくじを引く感覚でやってみるのは、面白いかもしれない。
(田幸和歌子)

2006年11月1日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!